スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

京都サンガF.C.2019シーズンレビュー(MF、FW編)

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

前回はシーズンレビューGK、DF編を書きました。

 

 

今回は、MF、FW編です。

 

 

<MF>

・7    レナン・モッタ 先発3試合/途中出場5試合(+天皇杯1試合)

 ドリブルとパスの配給能力に優れた選手という触れ込みで加入したものの、今季のサンガには同型の選手が数多くおり大きなインパクトは残せなかった。近年の外国籍選手を見て思うのは、ちょっとケチりすぎなのではないかと。高年俸選手が上手くさばけなかったりしているのもあって助っ人にお金を積めていない。

来季は更に同型の谷内田も加入するので、契約更新は無いような気がしているが。

 

 

・8   重廣 卓也 先発20試合/途中出場9試合/2G

 開幕前の予想通りインサイドハーフとして前半戦はチームに活力をもたらす存在となた。後半戦に入りめっきり使われなくなったのが不可解である。コンディション面で問題がある時期もあったようだが、何ヶ月もベンチ外なのは解せない。ジュニーニョほどではないが、彼もちょっと動きすぎな面があるのでそこが改善点。

ハードワーク出来る強みを上手く発揮させてあげたいところ。

他に獲得したいチームはたくさんあると思うので、動向が気になる選手である。

 

※某サンガサポーターさんより9月頃にピッチ外でひと騒動あったとの事。全然知らなかった。。。規律を重視する中田監督の下で、そういった問題が複数起こるのは残念。

 

 

・10 庄司 悦大 先発38試合/途中出場2試合/2G1A

 チームの要となるアンカーのポジションでゲームメイカーとしての力を存分に発揮。昨年と打って変わって、庄司が活躍出来るチームになったことは彼にとっても本当に良かった。相手が研究してアンカーへのパスコースを切ってくるのは当然の対策なのでしょうがないとして、パステンポがワンステップ遅いところを狙われてボールをかっさらわれるシーンが何度かあったのは気になるところではある。被カウンター時の守備対応に難のあるサンガで狙われるポイントとなってしまった。

年齢的にも30歳となりもう一度J1にチャレンジするか否かが問われるオフとなりそう。

 

 

・11 湯澤 洋介 途中出場4試合

 サイドアタッカーの人材は揃っている中で、なかなか良さが出せずに今季も不完全燃焼。サイドの選手といえどももう少しゴールに対する執着を見せて欲しい。

 

 

・14 仙頭 啓矢 先発30試合/途中出場6試合/10G7A

 持ち前のゴール前での正確なシュートに加えウインガーとして縦への突破する能力も格段に上がり、自身初の二桁ゴールを記録。ゲームキャプテンとしてチームを引っ張る存在にもなり、京都を代表する選手へと成長してくれました。

京都橘出身の選手がこうして活躍するのは、クラブにとって、京都にとって素晴らしいことです。

J1クラブからのオファーは来ていることも想定され、ステップアップしてもなんら不思議ではない。

 

試合終盤の決勝点は何度観ても興奮するなあ。


20191116京都サンガFCvsジェフユナイテッド千葉 仙頭値千金先制ゴール

 

ゴールした瞬間の監督のジャンプ可愛いな・・・

 

・18 望月 嶺臣

 唯一のチャンスだった天皇杯の直前に軽い怪我をしたことで、完全にチャンスを失った。サンガは契約満了となったが、子供もいるしまだまだ頑張れ!

 

 

・20 ジュニーニョ 先発10試合/途中出場10試合/2G3A(+天皇杯1試合)

 圧倒的な運動量で守備時には特に貢献度が高いのだが、なにせ止める蹴るの技術が怪しく、動き回りすぎて相手にスペースを与えてしまうという本能系サイドプレーヤー。

彼に我慢を覚えさせたら一皮剥けると思うのだがどうだろう。

FC大阪からの加入なので外国籍選手の割には年俸はそこまで高くないと推測されるので、金銭面は契約の支障にはならないだろう。

 

 

・22 小屋松 知哉 先発42試合/9G6A(+天皇杯1試合途中出場)

 J2No.1ウインガーとしての地位を確立させた素晴らしいシーズンとなった小屋松。サイドで相手を引き付けてかわすのがもうデフォルト状態に。相手に研究されてからはたてへの突破が減り、特に相手が1人より2人いた方がかわしやすいらしく、相手のSB等にマンツーマンでつかれると意外と苦戦していた。

中でプレーする経験もした上で終盤戦はもう一度サイドをえぐる攻撃を見せ、怪我無くシーズンフル稼働したのは彼にとって大きな財産になったと思う。

 

引用:www.soccerdigestweb.com

 

爆速ゴール


引用:【公式】ゴール動画:小屋松 知哉(京都)85分 京都サンガF.C.vsレノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ 第15節 2019/5/25

 

神戸から獲得オファーがあったそうだが、本当だろうか。

普段の練習環境含め小屋松もここから更に成長する余地はあると思う。古橋を見ていると、ほんと普段誰とどのような練習をするのが大事か実感する。

 

 

・29 中野 克哉 先発4試合/途中出場5試合(+天皇杯1試合)

 彼も開幕スタメンルーキーの内の一人。仕掛ける積極性やドリブルは確かなものを持っているのだが、いかんせんゴールを奪う怖さが無いのが致命的。シュートを打ってもほぼふかしてしまうという。。。

ウインガーとしてやっていけるだけの素質はあると思うので、この冬で一回り大きくなってほしい。

 

 

・31 福岡 慎平 先発33試合/途中出場3試合/2G2A(+天皇杯1試合途中出場)

 高卒一年目にあたるシーズンながら、IHと右SBをそつなくこなす働きでチームを支えた。ホーム最終戦だった千葉戦で前半は為田にチンチンにされてどうしたものか、、、と思っていたら、後半に入り守備面で縦を切る修正と攻撃では積極的なオーバーラップから仙頭の決勝点をお膳立てした姿は印象的であった。あの試合は彼の修正能力と成長が存分に出たなあ。どちらかというと攻撃面で良さが出せる選手なので、前目のポジションで使ってあげたい。

アウェイ東京V戦のゴールも自主練習の賜物で、彼の成長意欲を持ってすれば更に怖い選手になれる。

あとは身体の強さを上げて京都のカンテに・・・

 

 

・32 上月 壮一郎 先発1試合/途中出場2試合

  シーズン開幕前の疲労骨折の影響もあり、なかなか試合に絡むことが出来なかった。来季に期待。

 

 

・41 金久保 順 先発20試合/途中出場2試合/2G2A

 相手のライン間で受ける動きやゴール前への侵入で違いを生み出せるプレーヤー。前線には若手選手が多い中、確かな技術で落ち着きをもたらしてくれた。

攻から守のネガティブトランジションのところでチームの意図を感じ取って意識的に動けていたのも良かった。

ゴール前では誰もがシュートを打ちたくなるんだけど、彼がスルーしたおかげでその後ろの選手がゴールを決めることが出来たシーンが幾つもあり、クロスに対する侵入で再現性の高い攻撃が出来ていたのは彼がいてくれたおかげである。


引用:【公式】ゴール動画:一美 和成(京都)52分 栃木SCvs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第8節 2019/4/7

 

 

・44 中坂 勇哉 先発1試合/途中出場6試合/1G

 ヴィッセルより今夏加入し何試合か出場したものの、印象に残ったプレーは正直無い。

 

 

・50 藤本 淳吾 先発1試合/途中出場7試合

 近年ちょくちょく出ていているガンバとのコネクション。ウイング、インサイドハーフ共に出来る選手であるが、既存の選手を脅かすには至らず。

夏の補強で後手を踏んだのが結構痛手だった。資金の潤沢でない水戸が夏にあれだけ補強してスタメンを奪った選手がいるのを見ていると、「自分が成長していけるか」をどれだけ感じ取ってもらえるかが重要だと感じる。金満クラブじゃないので。

 

 

<FW>

・13 宮吉 拓実 先発21試合/途中出場5試合/4G3A(+天皇杯1試合)

 帰ってきた京都の至宝はキャプテンとしてチームを引っ張って行く存在となるべくシーズンをスタートさせたが、4G3Aは本人にとっても我々サポーターにとっても満足いくものではなかった。本来彼は2トップの一角で起用するのがベストなのだが、CFは身体の強い一美がスタメン(ボールをさばく動きも出来る)、ウイングで仕掛けていくタイプではない、インサイドハーフだとゴールから離れた位置でプレーしたり守備もしなければならず、なかなか彼の強みを出し切れなかった。一番前で勝負したくて京都に帰ってきたのだが、試合に出る為に1.5ないし2列目で出ることも受け入れた形になった。

京都を象徴する選手になって欲しいと期待するサポーターも多いので彼にかかるプレッシャーも大きいとは思うが(私もその一人)、来季はもっとたくましくゴールに貪欲に闘ってほしい。

全然関係ないけど、ミヤのユニフォームを着て走った京都マラソン2019にて、同じ背番号を背負ったランナーに声を掛けられたのが忘れられない。スタジアムに行っても一番よく見るのが13番。期待を結果に変えてほしい。

 

 

・19 大野 耀平 先発3試合/途中出場7試合/1G(+天皇杯1試合途中出場)

 シーズン序盤はスタメン出場もあったが、一美の台頭もあり出番は限られた。上背があるので勘違いしやすいが、意外と裏抜け系フォワードなのでフィジカルを生かしてボールキープは苦手である。来年もCFを置くシステムなら、彼の出番は限られるか。

 

 

・23 一美 和成 先発27試合/途中出場9試合/17G4A

 今季のベストサプライズといえばこの人。ガンバから育成型期限付き移籍で加入し、身体を張ったキープ力とゴールを積極的に狙う姿勢はチームNo.1、これが見事に17ゴールと結果にも結び付き、J2でも有数のストライカーへと成長した。

ボールを受けてはたくプレーなんかはすごく上手いのだけれど、ちょっとゴチャつくところでの不器用さなんかも応援したくなるポイント。 身長の割りにヘディングが得意ではないので偽9番的な動きやサイドへ流れる動きをやらせた方が生きるのは意外な発見であった。

ガンバはFWに外国籍選手とエース宇佐美を揃え、唐山がトップ昇格に加え呉屋も長崎で22得点とストライカー渋滞が起きているので

ぜひとも、一美はこちらで買い取らせて頂きたい。

 

 

・39 エスクデロ競飛王 先発1試合/途中出場11試合/1A(+天皇杯1試合)

 2016シーズンのゴリブルはどこかへ行ってしまったようで、特にボールを持ち運ぶこともキープすることも出来ずインパクトのあるプレーが見られなかった。

明らかにオーバーウエイトで90分動ける身体ではなく、最も注目されたのがピッチ外での行動だったのは残念。

割と高年俸のようで今季減俸を受け入れたかは定かではないが、どのみち契約満了が既定路線か。

 

 

 

 

次回はスタッフを含めた総括編です。

 

 

ではまた。

京都サンガF.C.2019シーズンレビュー(GK、DF編)

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

2019シーズンが早くも終わってしまいました。

 

我が軍は、勝ち点68で8位という結果でした。

 

一時、首位に立つこともありましたが、スタメン起用され続けた選手たちの疲労、アンカー庄司に対するマーク、夏の補強不発等もあり後半戦は連勝が一度のみとなり順位を下げていくこととなりました。

 

そして今季の躍進を支えた中田監督とゲルトコーチの退任、實好コーチの監督就任が発表されています。

 

来シーズンに向けて新体制を早期に確立することは重要なことですが、同時に今季の成果と反省をないがしろにしてはいけません。

 

「京都サンガF.C.にとって2019シーズンが分水嶺だった」

 

後から振り返って、こう言える時が来るように。

 

今シーズンを無駄にせずクラブの土台にしていく為にも、しっかり振り返りをしていく必要があるでしょう。

 

 

 

何回かに分けてシーズンを徹底的に振り返ってみたいと思います。

 

まずは、選手編から。

 

<GK>

・1    加藤 順大 先発15試合(+天皇杯1試合)

 昨年オフに契約満了となった大宮から加入した加藤。これまでの所属先は浦和と大宮のみでそこまで移籍が多い選手ではないものの、加入してすぐ後輩と食事に行くなど積極的にコミュニケーションを取りチームのムードメーカーとして貢献。

アウェイ千葉戦では、ベンチでずっと中野とおしゃべりしていた。加入して2ヶ月ほどであれほどルーキーと仲良くなれるのかと驚いた印象が。後輩から慕われる先輩の代表格である。

また、スタメンであろうがベンチであろうがゴールを決めた選手に走っていくスピードが尋常ではなく、みんなと喜びを分かち合いたい気持ちが前面に出ていた。

天皇杯をきっかけに出番を掴み一時はスタメンが続いていたが、シュートストップ、飛び出し、キック精度のいずれも清水の方が上回っていたことは確かで、契約更新は微妙か。

 

 

・21  清水 圭介 先発25試合

 京都5年目となった今季もなんだかんだ清水が正GKとして良い飛び出しと素晴らしいシュートセーブを何度も見せてくれた。ハマった時のセービングはJ2の中でも屈指である。チームとして流れを変えたいときにスタメンから外れることもあったが、終盤になるとやっぱ清水か、となる。

今季のチーム戦術的に味方のCBに預けるだけではなく、相手のファーストプレッシャーラインを越えてSBに預けるキックを求められる場面が多く、そこにはさすがに苦労していた。しっかり通ってたこともあったけどね。まあそもそも京都に来てからこれまでやったことがなかっただろうし。彼の意識としてそこを狙おう、とはしていたので見えているけど技術的に、なので仕方ない。

来年も同じ戦い方をするとなると、やはりもうワンランク上のGKが欲しいのは確かなので、人選は難しいところ。

 

 

・34  若原 智哉 先発1試合

  昨季はボスコ政権の下終盤戦でスタメンを張る試合も多くあったが、今季は岡山戦の一試合のみ。実力者の加藤が加入したこと以上に、今の京都の戦術と彼の強みがマッチしていないので。

至近距離でのシュートストップは前から定評があったが、ミドルレンジでのポジショニングやキック精度が物足りないのは現代サッカーにおいて結構痛手である。(U-20W杯では何度もスーパーセーブを披露したのだが。。。)

東京五輪も同世代の大迫(広島)が頭一つ抜け出していて、もう1枠も谷(G大阪)、鈴木(浦和)、オビ(横浜FM)等々ライバルは多いので選ばれる為には試合に出ないといけない状況。残留しても来季も出番は限られると思うので、どういう決断をするのか注目である。

 

 

<DF>

・3   宮城 雅史 先発6試合/途中出場1試合(+天皇杯1試合)

 なんとなく顔のイメージも相まってか「のっそり系CB」としての地位が固まりつつある宮城。ボール出しの役割はやろうとするのだが引っかかること多し。出番が限られ今季も厳しいシーズンとなった。山口時代にはセットプレー時の得点力も武器であったらしいのだが、サンガに来てからはゴールゼロ。そもそもFW起用はしてないわけだが。

 

 

・4   田中マルクス闘莉王 先発13試合/途中出場16試合

 シーズン序盤はパワープレー要因として前線に投入されることもあったが、徐々にCB起用が増えていったシーズンに。守備時にボールを跳ね返す能力や精神的支柱の役割を買われて試合に出ていたのだろうけど、何でもない縦パスをパスミスしてショートカウンターで全力疾走という光景はいただけなかった。。。

シーズン終盤でもコンディション面では問題無かったので、かなり体には気を遣ってケアしていたのだろう。

最終戦でセットプレーで安藤と接触し大流血していた姿は痛々しくもありながら、最後まで闘莉王であった。

攻撃面ではこちらも今シーズンは得点ゼロと、ゴールを奪う怖さが無くなってしまったのは結構ツライいところではある。セットプレー時の競り合いも2年前と比べると。。。

今季で引退する噂も広がっているが、今の所公式リリースはしていないがどういう花道となるのだろうか。浦和や名古屋的にもどうなんだろう。名古屋はおいといて浦和は何かやるんかな。

引用:news.yahoo.co.jp

 

 

・5   黒木 恭平 先発41試合/2G2A

 昨夏に鹿児島から移籍してきた当初は本多がいて冨田が加入内定していたのでなぜ?と思ったのだが、今季は見事に大ブレイク。出場停止となった最終節以外は全試合スタメン出場。中田サンガを象徴する選手となった。

特に攻撃面での貢献は計り知れず、偽SBの役割やIH・WGとのトライアングル攻撃は相手にとって脅威となった。

セットプレーでは左足から精度の良いボールを配給。

来季もよろしくお願いします。

 

個人的に、アウェイ福岡戦のゴールがお気に入り。


引用:【公式】ゴール動画:黒木 恭平(京都)71分 アビスパ福岡vs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第3節 2019/3/9

 

 

・6   本多 勇喜 先発36試合

 彼も今季の京都を象徴する選手となった。これまでのシーズンは左SBでかなりムラっ気があり、身体を張ったクリアをしたかと思えば簡単に相手選手にドリブル突破を許すシーンもあったりとなかなか信頼感を置くのが難しい選手だったのだが、今季は主に左CBとしてビルドアップの起点として機能。SBやIHの選手とパス交換しながら持ち上がることも多々あり、ちょっとこれまででは考えられない光景であった。

守備面では脅威の身体能力を生かして長身FW相手にも跳ね返すことが出来ていた。

試合にあまり出れていないCBが契約満了となっているので、更新が既定路線だとは思うが。

 

 

・16  安藤 淳 先発27試合/途中出場2試合/1G2A

 6年ぶりに帰ってきた安藤は、右CBで本多とともに攻撃の始点として欠かせない存在に。持ち上がることも出来るし、鋭い縦パスやロングフィードも配給できるので得点シーンを見返すと実は安藤からだったというシーンは多くあった。

一方守備面では他の選手同様に対人守備での危うさがあったので、彼に限らず守備時にストッパーとしての役割が出来る選手がいれば違った結果にもなったかもしれない。

あと、右SBで偽SBやるのは良いのだが、中盤でボール奪われて空いたスペースを狙われるのは勘弁して欲しかった。

 

 

 

・17 牟田 雄祐 先発4試合(+天皇杯1試合)

  今季の守備の要になると予想していたのだが、開幕から全く使われず後半戦に入り何試合かチャンスを貰ったものの大きなアピールをすることが出来なかった。チームとして調子の悪い時に起用されたので不運な面もあるが、最終ラインでボールを持った時におっかなびっくりでは京都のCBとしてやっていくのは厳しい。

契約満了組だがJ2で欲しいチームはいると思うので、心機一転頑張って欲しい。

 

・24 増川 隆洋

 今季はなぜか契約延長したが出番無し。予想通り先日契約満了を発表。

来季はカテゴリー落としてでも現役続行なのだろうか。

 

 

・25 上夷 克典 先発11試合/途中出場1試合

 ルーキー開幕スタメン組の一人。選手層の薄い右SB等もこなし順調に経験を積んでいたのだが5月に練習中に負傷し、その後は出番を失うことに。終盤には本多の負傷なども影響し再びCBとしてスタメンを奪還した。

相手のファーストプレッシャーを越えて持ち運ぶ様を見ているとリヴァプールに来たばかりのマティプを彷彿とさせるドキドキがある。彼は守備面での強度が上がりスタメンに定着していったので、上夷もやはりまずは対人守備の向上が先決か。

来季はスタメン定着に期待。

 

 

・26 下畠 翔吾 先発2試合/途中出場1試合(+天皇杯1試合)

 アカデミー世代最古参も、出番の少ない厳しいシーズンに。ある程度予想はしていたが、契約満了を発表。サンガアカデミー出身の選手が試合に絡めず毎年下位カテゴリーに移籍していくのは見ていてつらい。田村のようにJ3のチームに行って試合に出て得点を決めている選手もいるので、まだまだやりようはあるとは思うが。。。今季はブラジルやJ3にレンタルしている選手もたくさんいるので、彼を筆頭に結構人員整理がありそう。

 

 

・27 冨田 康平 先発4試合/途中出場4試合(+天皇杯1試合)

 驚きの開幕スタメンもあったが、結局は8試合の出場に留まった。持ち前の運動量と縦への突破を見込まれてかウイングでの起用もあったが(なぜか右サイド)、なにせ味方とのパス交換もおぼつかない足元の技術なのでボールロストが極めて多い。守備面でもSBとして起用するには強度が足りず、昨季に続いてPKを与えてしまったシーンなど軽さも目立ってしまった。もう少しフィジカル面を強化して、ウォーカー的な選手になっていってほしいなあ。

 

 

・30 石櫃 洋祐 先発17試合/途中出場6試合/2G4A

 36歳となった今季も正確な右足と豊富な運動量で右SBのファーストチョイスとなった。9月に負った右膝の負傷で離脱してから右SBを福岡や安藤が埋めることとなったのだが、やはり本職の右SBが一人しかいないのは厳しい。

庄司などと仲が良いようで、もう一年いてくれるかな。