スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

Ange Postecoglou: The success behind Yokohama F Marinos[日本語訳]

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

本記事は、TOTAL FOOTBALL ANALYSIS内

「Ange Postecoglou: The success behind Yokohama F Marinos」

を日本語訳した記事になります。

今回は攻撃時について詳しく知りたかったので、そちらのみの翻訳となります。

 

引用:totalfootballanalysis.com

 

ポステコグルー監督率いる横浜Fマリノスのリーグ制覇を海外はどのように分析しているのでしょうか。

 

 

During this period, the attention of many football fans being placed on the Tourmalet stage of English football and the return of several European leagues after a long winter break. But on the opposite side of the Earth, the first division of the Japanese league, commonly known as the J1 League, saw the 2019 season capped off with a surprising champion. Under the management of Australian manager Ange PostecoglouYokohama F Marinos rose up the table and made the top spot theirs during the last three games of the season.

「この時期、多くのフットボールファンの関心はツール・ド・フランスになっており、ウインターブレイクが終わると欧州リーグへと関心が戻る。しかし地球の反対側では日本の1部リーグであるJ1リーグで驚くべきチャンピオンチームが誕生した。オーストラリア人指揮官であるアンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜・F・マリノスがシーズン残り3戦で首位に立ち優勝した。」

 

Before arriving at Japan, Postecoglou already had an impressive record in his home country, helping Brisbane Roar secured a 36 unbeaten matches streak and the first Asian Cup title for the national team. With admirable achievements to his name, he was appointed to the managerial spot of Yokohama F.M. during the 2018 season. It was a tough first season for the manager as his side finished twelfth, but they showed some positive signs as they finished runner-up of the J1 League Cup.

 「ポステコグルー監督は日本に来る以前から母国で印象的な成績を残しており、Aリーグのブリスベン・ロアーでは36試合負け無しを記録し、代表チームでは初代アジアカップの王者となった。そのような実績を引っ提げ、彼は2018年に横浜・F・マリノスの監督に就任した。監督就任初年度はシーズン12位と苦しんだが、リーグカップ(ルヴァンカップ)では準優勝となり良い成果も挙げた。」

 

But the introduction of a fascinating tactic helped Yokohama F.M. finished the 2019 season with a six-point gap over FC Tokyo to lift the fourth J1 League title in the club’s history. In this tactical analysis, we will provide an analysis of Postecoglou’s tactics in his second season with Yokohama F Marinos. Meanwhile, using statistics and footage, we will point out the main tactical points Postecoglou implemented in his tactics this season.

「2019シーズンのマリノスは魅力的な戦術を身に付け2位のFC東京に6ポイントの勝ち点差でクラブ史上4度目となるリーグタイトルを獲得した。本記事の戦術分析では、マリノスの2019シーズンについて分析する。統計や画像を用いながら、ポステコグルー監督の戦術の本質に迫りたい。」

 

Formation

For the majority of the season, Postecoglou tended to line his side up in a 4-2-3-1 formation. But on several occasions, typically depending on the opposition and the players that he had, it was possible for him to switch the formation from playing two central midfielders to one and created a 4-1-4-1. At the same time, an attacking variation of that formation in a 4-1-2-3 was also applied during 15% of the matches.

His 4-2-3-1 formation, though, has something special about it with the way that he chose the players’ roles. One of the most noticeable roles that played a crucial part in how Yokohama F.M. played during last season was the inverted wing-backs. Though the two players who occupied that role, left-back Theerathon Bunmathan and right-back Ken Matsubara, played on the side similar to their preferred foot, they still spent more time working inside the half-spaces while leaving the wide spaces for the wingers up front. Thiago Martins and Shinnosuke Hatanaka were also used as two ball-playing defenders as they aimed to distribute the ball forward with their passing abilities. This allowed the team to control possession more often during the build-up process, which showed why they were able to hold an average of 63.28% of possession and registered 5.53 passes per possession.

「2019シーズン、ポステコグルーは4-2-3-1のシステムを多用した。しかし対戦相手や選手のコンディションにより2ボランチを1アンカーに配置した4-1-4-1や4-1-2-3で戦った試合も15%ずつあった。

彼の4-2-3-1のフォーメーションでは、通常とは異なり、各選手の役割は独特のものであった。その中で顕著なものとして昨年はウイングバックとしての役割である。しかし今季はサイドバックとして左サイドバックにティーラトン・ブンマタン、右サイドバックに松原健を擁し、彼らは各々のサイドの利き足で、ウインガーの選手がワイドの高い位置を取る際は彼らが内側のハーフスペースへポジションを取る。チアゴ・マルチンスと畠中慎之輔はボールを足元に優れたセンターバックとして ボールを前へ配給する。このことがビルドアップ時にボールを多く保持出来ることを可能にし、なぜ平均ボール保持率が63.28%でPPPが5.53を記録したのかをも示している。」

 

~Yokohama F.M.'s 4-2-3-1 formation~

 

Build-up phase

As mentioned, Yokohama F.M. relied heavily on building their attacks from the back with the involvement of two centre-backs. Alongside them, one of the pivots would also drop deep, either in between Thiago Martins and Hatanaka or moved a bit towards the left side, and created a three-man build-up with them. This allowed the team to have an immediate passing triangle, which proved to be useful against teams who pressed high up the pitch.

By keeping the distance between each other close enough, they maintained a close support range which eliminated the need of making longer passes that had a low accuracy rate. Also, it helped them to link up with the remaining pivot, who would then become the focal point whenever they wanted to progress the ball forward.

「前述したように、マリノスはビルドアップ時、2人のセンターバックが絡むことに強く頼っている。彼らの周りではボランチの1人がチアゴ・マルチンスと畠中の間に下りてくることや彼らの左手でサポートし、3人でビルドアップを行う。これにより即座にトライアングルを作り出すことが出来、ハイプレスをかけてくるチームに有効である。」

 

~An example of a Yokohama F.M.'s build-up situation~

 

At times, goalkeeper Park Il-gyu was also involved in the build-up as the team aimed to build from deep. In the role of a sweeper keeper, the Korean goalkeeper had the license to roam inside the box and received the ball more often. There, he had the option to play a direct ball towards the advanced options or keep things short by laying it to either a centre-back or a wing-back.

Another thing to note about their build-up strategy is they were happy to move the ball quite slowly and attempt to find pockets of space where they could send the ball. When playing against a low-block, the pivots would form a midfield line along with the wing-backs and attempted to get one of the opposition’s defensive lines out of their shape. They moved closer towards the ball carrier and, thus, creating a gap in between the lines for the attackers to move into.

In the shot below against Sanfreece Hiroshima, they did just that by inviting one of the lines to move forward and press the build-up. But instead, there was a pocket of space being formed and Thiago Martins was able to make a pass to Marcos Júnior, which started the team’s attack.

「時にはゴールキーパーのパク・イルギュがビルドアップに関与する。この韓国人GKはスイーパーキーパーとしてペナルティエリア内を動き回りボールを受けて散らすことを求められている。彼はオプションとしてサイドバック(ウイングバック)へ長いボールを送ることも出来る。

ビルドアップの方法として他にボールをゆっくりと動かしてポケットとなるスペースを見つけようとする動きがある。相手が低い位置でブロックしている場合、ピボットとなる選手はサイドバックの選手と中盤のラインを形成し、相手の守備ラインの外に出ようとする。彼らはボールホルダーサイドへ寄っていき、結果として攻撃陣が相手のライン間に入っていくギャップを作り出す。

サンフレッチェ広島はラインを形成して前進しマリノスのビルドアップにプレスをかけた。しかし、それらはチアゴ・マルチンスからマルコス・ジュニオールへのパスコースを作り出してしまい、マリノスの攻撃の起点になった。」

 

~Yokohama F.M.'s midfield line dragged one of Sanfreece's defensive lines out of their position and created space for Marcos Junior to receive the pass~

 

One thing that can be seen from Marcos Júnior’s involvement during the team’s build-up is that he tended to drop deep to receive the ball. I mean very deep from his position as he was willing to show up inside the team’s half when either one of the centre-backs held the ball. He would then create a passing triangle with them the same way that one of the pivots did. As he attempted to do so, his movement would drag along one of the opposition’s midfielders, which could create space between the players and allowed his teammates to move into.

In addition to Marcos Júnior’s positioning during the phase, it is worth noticing that one of the pivots was willing to position himself right behind the first pressure line. This asks a question of the opposition as he attracts the attention of both the forwards and the midfielders when he’s positioned between their defensive lines. It also allows his teammates in midfield to push higher while still retaining good passing connections with the pivot himself. Furthermore, it means when his defenders find him with a pass they’ve often broken one of the opponent’s defensive lines.

「ビルドアップの際にマルコス・ジュニオールの振る舞いとして見られる動きとして、ボールを受けに行く動きが傾向としてある。事実、センターバックのうちの1人がボールを持った際に深い位置まで下りてくる。彼はピボットが作り出しているトライアングルの形と同じ事を行っている。彼がそれを行えば、相手選手もつられて彼によるのでチームメイトは彼が作り出したスペースに侵入する。

そのフェーズではマルコス・ジュニオールのポジショニングに加え、注目すべき点としてピボットの選手の内の1人が 彼の右手でファーストプレッシャーラインの背後にポジショニングを取る。これにより対戦相手はフォワードの選手と中盤の選手でどちらがいくか迷わせることが出来る。また、それはチームメイトが高い位置でのピボットとの良いパスコースを維持することにも繋がっている。さらに、ピボットの選手を見つけパスを行うことは、ファーストプレッシャーラインを突破することを意味する。」

 

~One of the pivots positioned himself behind the first line of pressure, which allowed the defenders to connect with him and progress the ball forward~

 

This strategy also came with a disadvantage, as they tended to be victimized quite easily by the high and aggressive pressing teams, as shown in Kashima Antlers’ first goal in their match against Postecoglou’s side. Just a few seconds into the match, the home side immediately launched a press towards Yokohama F.M.’s build-up that saw four attackers attempting to recover possession for their side.

This, however, followed up with them suffocating Theerathon and cutting down the possible passing lanes around him, forcing him to take a heavy touch and lose the ball. Serginho took the opportunity well with a curl into the far post, leaving Park with no chance to save the shot.

From this situation, it is clear to see how easily Yokohama F.M. players mismanaged pressure when they held the ball for too long inside their defensive half. This could result in them losing possession and allowing the opposition to create a dangerous counter-attack towards goal. In fact, there were some matches where they registered a high number of losses inside their defensive third. This includes their 2-0 victory against Vissel Kobe that saw 36% of their losses take place in the defensive third.

「この戦略はデメリットもあり、前線からプレスに来るチームに苦戦を強いられる傾向にあり、下図に示すような鹿島アントラーズ戦の1失点目は自陣深い位置からによるものだった。試合開始からすぐ鹿島はマリノスサイドへ押し込み、4人の選手が即時奪回を試みプレスを行った。

これはティーラトンを窒息させ周囲のパスコースを消し、タッチが大きくなったり大きくクリアさせることを目的である。セルジーニョはボールを奪取するとファーポストへ放物線のシュートを放ち、パクはノーチャンスのシュートであった。

このシチュエーションから、マリノスの選手たちは自陣深い位置でボールを持つので、相手のプレッシャーをきつく受けることは明白である。よって、ポゼッションを失ったり相手のカウンターを受けることに繋がった。実際、ディフェンシブサードでのボールロストを数多く記録した試合も幾つかある。それには、ディフェンシブサードでのボールロスト率が36%を記録しつつも2-0で勝利したヴィッセル神戸戦も含まれる。」

 

~Kashima's press at the start of the match suffocated Theerathon and forced him to give the ball away, which was converted into the opening goal by Serginho later on~

 

Attacking Strategies

As they progressed the ball into the opposition’s half, the main principle that allowed the players to continue the team’s attack was intelligent movements to either create or take advantage of space. Amid the fact that they tended to circulate the ball quite slow, this helped the ball carrier to have a quick scan of the field and, therefore, pick out the teammate who was in a good position to pick up possession.

In the shot below, it can be seen that one of Yokohama F.M.’s players noticed the narrow pressing structure of FC Tokyo and immediately picked out a gap out wide. As he moved into that gap, he also received the through ball from the defender that allowed him to play up the pitch for Teruhito Nagakawa, which allowed the right-winger to continue his run up the wing.

「マリノスは相手陣内でのボール保持を発展させ、攻撃を続けられる主原則として、スペースを作り出し、活用する効果的な動きがあったことだ。ゆっくりとボールを回す事実があった中で、それはボールホルダーがスペースを見つけ出し、ボールを前進させる為に良いポジションを取っているチームメイトを見つけることに繋がった。

下図は、FC東京のコンパクトな陣形の中でマリノスの選手が外のギャップにすぐ気付いてボールを出すシーンである。中盤の選手が外でスルーパスを受けたので、仲川輝人はその後裏のスペースへの飛び出しが出来ることを可能にした。」

 

~Intelligent movements allowed one of the team's midfielder to receive the ball from his teammate in free space~

 

Immediately, there is one thing that can be picked out from both the situation above and below from the same match. No matter if the opposition’s defensive line intended to stay narrow or not, striker Edigar Junio and both wingers would attempt to position themselves as high as possible with the intention of pinning the defensive line down.

As shown in the scenario below, which was taken from the same match, the attackers formed a line and positioned themselves just before Tokyo’s defensive line to keep themselves from being caught in the offside trap. Their positions, though, still allowed them to sit on the shoulder of defenders and turn up at the end of their teammates’ through balls.

Another intention of this strategy is, again, creating space between the opposition’s defensive lines. Along with their teammates’ movements, the attackers’ positioning would force the defenders to drag back and leave a gap between the lines. This allowed the likes of attacking midfielder Marcos Júnior or central midfielder Takuya Kida to enter the gap and became viable passing options in order to help the team progressed the ball up the pitch.

「これまでに示した2つのシーンは同じ試合の中で起こっている。相手のディフェンスラインがコンパクトでもそうでなくても関係無く、エジガル・ジュニオと両ウイングの選手は高い位置を取り相手ディフェンスラインをピン留めする。

下図に示すように、同じ試合の中での話になるが、攻撃陣はFC東京のディフェンスライン(オフサイドライン)の手前に一列になってポジションを取っている。彼らのポジショニングは相手ディフェンダーの背後でスルーパスを受ける位置取りである。

もう1つの狙いとして、相手ディフェンス陣の間のスペースを生み出している事が挙げられる。互いにマリノスの選手が動くことでラインが下がり中盤とディフェンスラインの間のギャップを生み出すことをに繋がる。これは攻撃的MFのマルコス・ジュニオールや守備的MFの喜田拓也が得意とし、ボール前進に一役買っていた。」

 

~A Situation happened in the match against FC Tokyo, which saw the team's attacking line pinned down the opposition 's defensive line~

 

The positioning of both wingers had something fascinating about it. They were happy to be in an offside position as they attempted to drag the defensive line further back. This ties back to their tactic of bursting forward on-the-ball. In the first situation against FC Tokyo, it is possible to see Nagakawa and Endo’s positioning in behind their defensive line.

As mentioned earlier, Yokohama F.M.’s tactic had a heavy reliance on the involvement of the inverted wing-backs. In Theerathon and Matsubara, Postecoglou has two natural wing-backs to overlap up the pitch and join the attack while also tracking back to form the back-four defensive line. They tended to stay quite narrow either on or off-the-ball and positioned themselves in the half-spaces more often.

This allowed the wingers to stretch wide and occupy the wide spaces, which would stretch the opposition’s defensive line. With them being wing-oriented the majority of the time, their involvement in the attack played a crucial role in overloading both wings to give either the winger or wing-back a solid option to lay off the ball.

Also, they had the tendency of making many crosses into the box, which mainly came from the left-hand side of Theerathon and Endo. On average, the team registered 17.9 crosses per game, almost five more compared to their opponent’s average of 13.02. In terms of individuals, Theerathon registered 2.05 crosses per game and Endo had a higher average crossing rate, as compared to the Thailand international, with 3.93 crosses per game. This showed how heavily they attacked down the left-hand side but, at the same time, were still able to distribute the ball towards the right-wing.

「両ウイングのポジショニングも効果的であった。彼らはディフェンスラインを下げようとしてオフサイドポジションに立つ。このピン留めはボール前進を可能にした。FC東京戦では仲川と遠藤が相手ディフェンスラインの背後に立っていた。前述したように、マリノスの攻撃はサイドバックの攻撃参加が特徴である。ポステコグルーはティーラトンと松原という攻撃参加と守備対応を両立できるサイドバックを擁している。彼らはボールの保持非保持に関わらずハーフスペースに幾度と無く侵入する。

そしてこれがウイングの選手がワイドの高い位置を取って相手ディフェンスラインを押し下げることに繋がる。彼らが多くの時間正しいポジショニングをすることで、攻撃時ウイングやサイドバックの選手がレイオフする確実なオプションを与え、重要な役割となった。

また、ワイドの選手はボックス内へ多くのクロスを上げることも傾向としてあり、主にティーラトンと遠藤の左サイドからが多い。平均して1試合17.9本のクロスがあり、対戦時の相手平均は13.02であった。個人別で見ると、ティーラトンが平均2.05のクロスに対して遠藤は3.93の高い平均クロス数を記録した。これは左サイドからの攻撃が以下に多かったかを示すと同時に、右サイドの深い位置へいかに多くボールを送ったかを示している。」

 

~Theerathon and Matsubara's positioned narrowly and allowed both wingers to attack the wide space~

 

Against low-blocks, the strategy of making early crosses into the box benefitted the side as they attempted to get the ball into the box. With both wingers still positioned on the shoulder of defenders, they could turn up at the end of crosses by beating their marker and entering the 6-yard box to make a close-range shot.

This tactic was only used when they found themselves on the back foot when playing against teams who deployed a low-block, which meant it was not implemented too often. Their preferred way of getting the ball into the box was still through the movements and positional interchanging of the wing-backs and wingers, which allowed them to bring the ball along with them to find the advanced options in the box.

「低い位置でのブロックに対してはアーリークロスを早い段階でペナルティエリア内へ送ることが効果的であった。両ウイングの選手は相手ディフェンダーのすぐ隣に位置したところからクロスへ飛び込み、ペナルティエリア内の至近距離からのシュートを可能にした。

この戦術はかなり低い位置でブロックするチームに対してのみ使われ、それほど実行されることは無かった。マリノスがボックス内へボールを多く入れる戦い方は、ウイングやサイドバックの選手が動きポジションチェンジを行うことで得ており、それはボックス内でのアドバンテージも得られていた。」

 

~Early crosses being implemented to break down low-block reams~

 

 

 

 

ではまた。

2020.1.1天皇杯決勝ヴィッセル神戸-鹿島アントラーズプレビュー~新国立のピッチに初めてシャーレを掲げるのはどちらか!?~

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

今回は新しくなった国立競技場のこけら落とし試合となる天皇杯決勝のプレビューを書いていきたいと思います。

 

 

ヴィッセル神戸のリーグ戦及び天皇杯成績

・リーグ戦8位

14勝5分15敗 61得点59失点 勝ち点47

 

第32節 セレッソ戦(ホーム)1-0○

第33節 鹿島戦(アウェイ)3-1○

第34節 磐田戦(ホーム)4-1○

 

・天皇杯

最高位:ベスト4(2000年、2017年)

 

2回戦 北九州戦(ホーム)4-0

3回戦 大宮戦 (アウェイ)4-0

4回戦 川崎戦(ホーム)3-2

準々決勝 大分戦(ホーム)1-0

準決勝 清水戦(ホーム)3-1

 

 

f:id:fulaneku:20191230131735p:plain

2019.12.21 天皇杯準決勝 清水エスパルス戦 スタメン

 

・シーズン途中から採用している3-3-2-2(3-5-2)のシステムで、最終ラインと中盤はほぼ固定。前は準決勝では田中と古橋の2トップだった。ビジャは清水戦をコンディション不良で欠場したが、引退試合となる決勝には間に合うとの報道が。他にも、ポドルスキ、藤本や小川らも控える。

・YouTube動画が話題となっている那須もこの試合限りで引退。出場はあるだろうか。

・最近の試合では攻撃陣が好調で、複数得点を奪って勝利する試合が多い。

 

 

<攻:自陣でのビルドアップ>

神戸はバルサ化を進めていく上で(進んでいるのか?)ゾーン1での自陣からのビルドアップについてはかなり精度が良くなっている。

まず、GK飯倉は夏にマリノスから加入。夏に退団したキム・スンギュとはタイプが違うが、DFライン裏のスペースや縦パスやフィードを自信を持って選択出来るところは神戸に合っている。

DFラインはベルギー代表フェルマーレンを筆頭に、大崎とダンクレーが並ぶ3バック。3人ともボールを持った時に広い視野でピッチを観察し、縦横にパスを送ることが出来る。清水戦は相手がドウグラスの1トップだったため、お互いが横に大きく開いてフェルマーレンがドウグラスの左脇でボールを受けてファーストプレッシャーラインを越えて行くシーンが多く見られた。

最終ラインで数的優位が作れている場合は、無駄にパスを回さずドリブルで持ち上がる判断の出来るCBが揃っているのは心強い。

 

ただ、飯倉含め持ちすぎて詰まってボールロストするというポゼッションチームの宿命には気を付けたい。

おそらく鹿島はある程度前線からプレッシャーをかけてくる事が予想されるので、相手2トップに対して、3CB+GKでかわしていくことが出来るかは1つ注目ポイントである。

 

また、攻撃の起点となるアンカーのサンペールを消してくる相手には、インサイドハーフのイニエスタや山口が降りてきてパスを受けるシーンが目立つ。

自陣からセンターサークル付近ではしっかり数的優位を作りながらフリーの選手にボールを送る意識が徹底されており、またそれを遂行できる技術を持った選手が揃っている。

 

清水戦ではフェルマーレンが持ち上がって左サイドから攻撃を開始する場面が多く、酒井のコンディションも良いこともあっていくつも左サイド深い位置まで侵入出来ていた。

 

f:id:fulaneku:20191230131701p:plain

 ※注

HV(ハルプフェアタイディガー,HalbVerteidiger):3バックの左右に位置するCB。フェルマーレンとダンクレー。

WB(ウイングバック):大外のレーンに位置する選手。酒井と西。

IH(インサイドハーフ):2列目の真ん中に位置する選手。イニエスタと山口

 

<守:最終ラインはマンマーク>

守備時は5-3-2の形になって、特に注目すべきは最終ラインの5枚の守備対応のところ。中盤の3枚では4-4-2の相手に対してスライドしきれないところが出てくるので前へ食い付く必要があるのだが、相手SHに対してWBが対応するだけではなく、CBの3枚の選手が中央のフォワード、トップ下の選手に対してマンマークでの守備対応を行っていた。

清水戦では、フェルマーレンは金子、大崎はドウグラス、ダンクレーはドゥトラにマンマークし、一列前へ飛び出しての守備も厭わないといった対応。相手を自由にさせない反面、その空けたスペースに走られて裏を突かれるリスクもあり、この辺りはあまりチームとして整理されているというよりは、個人の1対1の能力任せに感じられる。

 

鹿島はサイドチャンジやポジションチェンジなどを有効に使い、相手の最終ラインにズレとギャップを生み出して深い位置まで侵入することが求められるだろう。

 

 

<フリーマン古橋>

古橋はフォーメーション上は2トップの一角であったが、攻守にわたりかなり自由な振る舞いをしている。

攻撃時は中盤まで降りてきてボールを受けたかと思えば裏抜けの動きも行う。右サイドばかりというわけでもなく、左サイドにも頻繁に顔を出す。

一方、守備時にはファーストディフェンダーとして相手のパスコースを消すポジショニングを守るというよりは、最終ラインまで猛烈スプリントで戻ってボールホルダーへとアタックするシーンが多くあり、彼の豊富な運動量があってこその役割となっている。(もしかしたら、あまりポジションを守れと言われていないのかもしれない。)

経験を積んだ選手が多くいる神戸の中で自由に走り回る古橋は異質な存在であり、ある意味今の神戸にはこういった選手も必要なのかもしれない。

 

 

 

鹿島アントラーズのリーグ戦及び天皇杯成績

・リーグ戦3位

18勝9分7敗 54得点30失点 勝ち点63

 

第32節 広島戦(アウェイ)0-0△

第33節 神戸戦(ホーム)1-3●

第34節 名古屋戦(アウェイ)1-0○

 

・天皇杯

最高位:優勝5回(1997年、2000年、2007年、2010年、2016年)

 

2回戦 北陸大戦(ホーム)3-1

3回戦 栃木戦 (アウェイ)4-0

4回戦 横浜FM戦(ホーム)4-1

準々決勝 Honda FC戦(ホーム)1-0

準決勝 長崎戦(ホーム)3-2

 

 

f:id:fulaneku:20191230134004p:plain

2019.12.21 天皇杯準決勝 V・ファーレン長崎戦 スタメン

 

・夏にごっそり主力を抜かれて以降、得点力不足に苦しんでいる。複数得点を奪って勝利したのは長崎戦が久々であったが(しかし流れの中では得点が生まれていない。)得点後にすぐ失点するなど脆さが拭えない。

・大岩監督は今季限りでの退任が既に発表されている。優勝して報いることが出来るか。

・守備の要であるチョン・スンヒョンは全体練習に合流した模様。クォン・スンテは退団の噂もあり、出場するかどうかは不透明。

 

 

<攻:サイドからクロスを狙う>

鹿島の攻撃はレオ・シルバを中心にボールを左右に動かしペナルティエリア横の深い位置まで侵入して崩すことを狙いとしている。中には伊藤や土居といったクロスに対しピンポイントで合わせられる選手がいるので、サイド攻撃からクロスの割合は高い。

また、長崎戦ではセルジーニョが右SHに入ったが、彼はフォワードとしても振る舞うことが出来るタイプなので、伊藤が右に流れてセルジーニョが中に入るポジションチェンジを行うシーンも見られた。(土居が右に流れるシーンもあり、伊藤、土居、セルジーニョのローテーションは状況に応じて違和感無く出来ていた。)

長崎はサイドを狙う鹿島に対してレーンを埋める3バック(守備時は5バック)を採用。ただ、想定内といった様子で後ろに重くなりがちな5バックの手前でボールを受けて展開して打開を図っていた。

ただ、長崎戦では流れの中から得点は生まれず、選手にぶつかってのこぼれ球やオウンゴール、セットプレーによるものであった。

神戸の守備陣は人に対するアタックが強い傾向にあるので、簡単にDFラインの手前でボールを保持する展開にはならないであろう。鹿島が得意とするサイドチェンジを用いながら、相手を縦横に間延びさせ空いたスペースに伊藤や土居が走り込む中でシュートシーンを作っていきたい。

 

 

<守:前線からのプレスと軽い最終ライン>

鹿島は守備時も4-4-2のブロックを形成。2トップが早い段階からプレスを開始してボールホルダーへプレッシャーをかける。 それでもハマらない時はレオ・シルバがプレスにいきながら制限をかける。

気になったのは白崎や町田のいる左サイドで、長崎の左WB米田を白崎が見るのか町田が見るのか曖昧になっていた。(右サイドも同様)前半は食い付き過ぎてスペースを空けてしまうシーンがあり、後半はWBの選手を見ながらボールが出てからアタックする形に変更しある程度は機能していた。

決勝の相手となる神戸も3-3-2-2のフォーメーションで両WBが攻撃時高い位置を取るので注意が必要である。

 

失点シーンは2失点とも町田-犬飼のところのギャップを使われてのところ。

 後半30分の2失点目でディフェンスラインが揃っておらず犬飼が謎に両足揃えて突っ立ってしまっている状況は、これまでの鹿島の守備統率ではあり得ないことなのだが、現実として起こってしまっている。

鹿島のキャプテンは永木でレオ・シルバと話して守備のやり方を工夫している様子はうかがえたが、ブエノ-犬飼のセンターラインと本職CBの町田の連携に不安がある面は拭えない。

 

<ここ一番での勝負強さ>

常勝軍団である鹿島の勝負強さ・・・というプレビューにあるまじき全く定量的でなく再現性からかけ離れた論調なわけだが、やっぱり鹿島がこれまで数多くのタイトルを手にしてきているのは事実。

もし先制するような展開となると、早い時間から試合を殺しにいくことが出来るのが鹿島である。

 

 

~予想される試合展開~ 

 

予想フォーメーションはこちら。

f:id:fulaneku:20191230134854p:plain

ヴィッセル神戸:3-3-2-2、鹿島アントラーズ:4-4-2

 

神戸がボールを保持して、鹿島がカウンターを狙う構図になることは容易に想像出来る。神戸はビジャが復帰し、ワントップにする形もありえるか。鹿島はチョン・スンヒョンがスタメンに復帰出来るか気になるところ。ただ、負傷者や病人が多数いるとの報道もあるので、スタメンはまだ分からない面もある。

抜群の得点力を誇る神戸に対し鹿島は先制されると厳しくなるので、キックオフ直後の守備対応は一層の注意が必要である。

神戸の得意な左サイドを鹿島は抑えることが出来るのかに注目したい。

 

リーグ終盤戦の戦いぶりから神戸が優勢とみられるが、天皇杯の経験が豊富な鹿島も侮ることは出来ない。

 

新国立競技場のこけら落としとなるこの試合にシャーレを掲げるのはどちらのチームとなるだろうか。

 

 

cf) 鹿島大丈夫かな。。。

引用:www.nikkansports.com

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

追記:今回のフォーメーション図作成にあたり、

TACTICALista betaを使用しました。(https://beta.tacticalista.com/

football tacticsに代わる新たな作成アプリとして今後も重宝させていただきます。

Jun Kanomata(Twitter:@jun_kanomata)さん、ありがとうございます。