スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

UEFA Champions League 2019/20:Napoli vs Liverpool-Tactical Analysis[日本語訳]

どうもこんにちは、Ryu-Yです。

 

本記事では、

「UEFA Champions League 2019/20:Napoli vs Liverpool-Tactical Analysis」

https://totalfootballanalysis.com/match-analysis/uefa-champions-league-2019-20-napoli-vs-liverpool-tactical-analysis-tactics

の記事を日本語訳していきます。

 

リヴァプールをもっと知る為の勉強です。 

 

-The end of the 2018/19 season saw Liverpool crowned champions oEurope for the sixth time. This has been covered extensively throughout the summer but it still bears repeating. As ever, however, the narrative surrounding the winners can be diluted by their success: Liverpool raised the trophy and after a stunning comeback in the semi-finals against Barcelona, there were few who would say that they did not deserve the trophy. With that being said, it is easy to overlook the performances over the course of the tournament. It is easy to forget that Liverpool were almost knocked out at the group stage of the competition, by none other than the team they just faced, Napoli.-

「2018/19シーズンの終わり、リヴァプールは6回目となるヨーロッパ王者の栄冠を手にした。それは世界中に知れ渡ることとなったが、まだその余韻が残っている。

しかしいつものことながら、勝者達を取り巻く物語は彼らの成功によって薄まることができ、リヴァプールは準決勝でバルセロナ相手に衝撃的な逆転劇を収めた後、CLトロフィを掲げ、彼らがトロフィを掲げるに値しなかったという人は殆どいなかった。

そう言われることでリヴァプールのCLを通じてのパフォーマンスについて見落としがちである。彼らがグループステージ敗退の一歩手前まで来ていたことは忘れさられているが、そのライバルこそナポリであった。」

 

 

-Napoli came into this match after a somewhat erratic start to their Serie A season. A 4-3 win over Fiorentina in the opening matchday was followed by a 4-3 defeat to rivals Juventus. Their match before this tie saw them pick up their first clean sheet in a 2-0 win over a struggling Sampdoria side but their defensive concerns were real. This is despite the significant transfer outlay over the summer on the Greek international central defender Kostas Manolas, who would partner the excellent Kalidou Koulibaly. Napoli coach Carlo Ancelotti, therefore, had a lot to plan for before hosting this Liverpool attack with Sadio Mane, Mohamed Salah and in particular, Roberto Firmino all threatening to reach top form.-

「ナポリはセリエA開幕後いくらかの不安定な試合の後にこの試合に臨んだ。

フィオレンティーナとの開幕戦を4-3で制した後、リーグでのライバルとなるユヴェントスには3-4で敗北した。

 

 

~両チームフォーメーション図~

 

 

-For Napoli, the initial team shape was somewhat misleading. Wyscout has them down as playing in a 4-4-2 with new signing Hirving Lozano partnering Dries Mertens in the attack. In truth, the structure shifted with Jose Callejon retaining a somewhat deeper position for most of the match while on the left Lorenzo Insigne had a free role with the ability to drift in and out of pockets of space. In the centre of the midfield, the Brazilian Allan was given greater defensive responsibility whilst Fabian Ruiz was very much the creative hub of the side.-

「ナポリにとって、選手の配置は幾らかの語弊がある。Wyscoutは4-4-2の配置で新加入FWロサーノとメルテンスの2トップとして示していた。実際は、インシーニェがスペースを見つけて自由なポジショニングをとる一方で、カジェホンは試合中のほとんどを下がった位置にポジショニングした構造にシフトしていた。セントラルミッドフィルダーは、ファビアン・ルイスがサイドで起点となっており、ブラジル人のアランが素晴らしい守備的タスクを任された。」

 

 

~ナポリのパスマップ図~

 

 

-The Napoli pass map shows this slightly asymmetrical style with Insigne and even left-back Mario Rui playing higher, and on the opposite side, Callejon and Giovanni Di Lorenzo at right-back kept a deeper line. This may well have been a direct result of the threat of Sadio Mane from that side. On the opposite flank, Koulibaly patrolled the space expertly and was able to manage the dangerous Mohamed Salah 1 v 1.-

「ナポリのパスマップ図はわずかに非対称な形をしており、インシーニェと左サイドバックのマリオ・ルイが高い位置を取る一方で、逆サイドではカジェホンと右サイドバックのディ・ロレンツォが深い位置を示している。これはサディオ・マネのいた右サイドの脅威による結果かもしれない。対面側では、クリバリがスペースを巧みにケアしており、危険なアタッカーであるモハメド・サラーとの1対1を管理出来ていた。」

 

 

-Liverpool lined up as always in a 4-3-3 shape but as is normal from Jurgen Klopp the biggest talking point came in the selection of the midfield three. Fabinho played as the ‘6’ but Klopp opted for his safe midfield of James Milner and Jordan Henderson ahead of him. This would prove problematic as the game wore on.-

「リヴァプールはいつもの4-3-3の形でスタートしたが、ユルゲン・クロップの3ミッドフィルダー起用が最も注目されたところだった。ファビーニョは"6番"の選手としてプレーしていたが、クロップはジェームズ・ミルナーとジョーダン・ヘンダーソンを彼の前に配置した。これが試合ではいくつかの問題を発生させる原因となった。」

 

 

~リヴァプールのパスマップ図~

 

 

-The Liverpool pass map showed no surprises other than the lack of width. It is normal for the two wide forwards to occupy central spaces as Roberto Firmino drops deep, as seen above, since there are normally mechanisms put in place to provide width elsewhere. Last season this was typically achieved by moving both full-backs high. This season we have seen the 8s and Jordan Henderson, in particular, moving outside to allow Salah to come in. In this match, we saw neither and this made it easier for Napoli to defend against the Liverpool front three.-

「リヴァプールのパスマップは幅が狭いこと以外は特に驚くべきところはない。両WGがフィルミーノの下りるスペースを空けるのは普通のことで、上図のように、一般的な戦術となっている。昨シーズンは、両サイドバックが高い位置を取ることでこれが達成されていた。今シーズンは"8番"の選手やヘンダーソンが特に顕著で、サラーを内に入らせる為に彼らが外に動くz。この試合では、それらが見られず、ナポリにとってリヴァプールの3トップに対して守りやすくなっていた。」

 

<Livepool's poor attacking structure>

-As touched upon above there should be no surprises in the attacking structure used by Liverpool and Jurgen Klopp. The strength of this team, other than the coach, lies in the attacking three with Sadio Mane, Mohamed Salah and Roberto Firmino all making firm moves towards the world-class bracket in recent seasons. The mechanisms behind their success are relatively easy to fathom though.-

「上に示すように、リヴァプールとクロップにとって攻撃の構造は確立されたものである。監督以外にもこのチームの強みである3トップのマネ、サラー、フィルミーノは近年ワールドクラスのコンビネーションを持って君臨している。彼らが成功を収めたメカニズムを解明するのは比較的容易である。」

 

 

-Playing as the 9 Roberto Firmino is perhaps the least talked about but the most important player in making the attack function as expected. He drops off into deeper areas where he can receive the ball in space and link with the midfield. This dropping off effectively freezes the central defenders and forces them to make a decision: do they allow him to go and leave him space, or do they follow. That decision is then quickly taken away from them when the likes of Mane and Salah move inside, not just into the half-spaces, but often into the central zones to occupy space. When the structure works Liverpool create overloads and exploit space ruthlessly. In this match, it did not work.-

「9番の役割を持つフィルミーノのプレーについて議論されることはおそらく最も少ないのだが、攻撃を形作る上で最も重要な選手である。彼は中盤のスペースへボールを受けられる時に、深い位置まで降りてくる。その動きが相手CBを効果的にピン止めすることが出来、次のような迷いを生じさせる:彼にスペースを与えないよう付いていくべきか否か。マネやサラーが内側に動く際はその判断をしてはいけない。彼らはハーフスペースではなく真ん中のゾーンへスペースを埋めるために動く。これらの構造を働かせる時、リヴァプールはオーバーロードやスペースを使えることがある。この試合ではうまく機能しなかった。」

 

~試合図~

 

 

-The front three were often narrow but there was no support from deeper areas where players would normally run to occupy these highlighted wide spaces. This lack of support in the attacking transition meant that Napoli were able to concentrate the bulk of their defensive resources to crowding the centre and denying Liverpool the opportunity to create overloads or find pockets of space in which they could play.-

「3トップの距離が近かったがサイドのスペースに走ったりしても深い位置までサポートすることは無かった。リヴァプールの攻撃時のサポート不足によってナポリは中央にディフェンダーを割くことが出来、リヴァプールのオーバーロードやスペースを見つけプレーする機会を防ぐことが出来た。」

 

 

-The three central midfielders for Liverpool all stayed relatively flat and offered little to no help in the attacking phase. What is perhaps more surprising was that the full-backs failed to progress to a higher line in order to offer support to the attackers. We have seen phases of play so far this season from Liverpool that suggested that Klopp was looking to play a more controlled game with Trent Alexander-Arnold especially being asked to tuck inside alongside the central midfielders. This lack of support in wide areas did not feel like an attempt to exert their control, instead, it felt as though Klopp was concerned about the attacking potential of Napoli in transition and that he wanted to negate that threat.-

「リヴァプールの3人のミッドフィルダーは攻撃時比較的フラットに位置し攻撃参加する。おそらく意外だったのは、両サイドバックが高い位置を取って攻撃参加できなかったことだった。私たちは今シーズンのリヴァプールの試合を見て、おそらくクロップはアレクサンダーアーノルドに対して特にミッドフィルダーに近い位置でプレーするよう指示していると考える。ワイドのエリアでのサポート不足は攻撃機会を減らす代わりに、クロップはナポリの攻撃を警戒し、攻撃の脅威を抑えたかったのだろう。」

 

 

~試合図~

 

 

-In this example, we again see the same issue but this time it is further compounded by the fact that both Mane and Salah are occupying the same space. As Firmino turns in possession to face the Napoli goal he should at least have three options. He should be able to drive forward in possession or combine with Mane to the left and Salah to the right. With Salah drifting over and effectively crowding Mane, one of those options was taken away. Firmino played the only pass that he could but the other two forwards got in one another’s way and the opportunity was lost.-

「この例では同じ問題が起きており、マネとサラーが同じスペースに入ってしまっている。フィルミーノがボールを受けてターンしてナポリゴールへ向かう時、最低3つの選択肢を持つべきである。前方へドリブルするか、左のマネへパスするか、右のサラーへパスするか。サラーはマネと同じように動いてしまい、一つの選択肢が無くなった。フィルミーノは2人のフォワードがいる方へパスをしたが彼らは同じ方向へ行ってしまい、ボールをロストした。」

 

 

Liverpool passiveout of possession

 

-There are two things that you can normally rely on from this Liverpool side. Firstly, that they will be effective in the attacking transition, but we have already seen that they were not; and secondly that they would be tenacious in the defensive transition. Jurgen Klopp built his reputation as a top-level coach with Borussia Dortmund and became synonymous with gegenpressing or counter-pressing. His tenure at Liverpool has shown that there is far more to his game model than just hard running and pressing but there are still elements of this full-on philosophy when you watch this Liverpool side play.-

「このリヴァプールには2つの頼れる事柄がある。一つ目はポジティブトランジションであるがそれらがあまり見られなかった、2つ目は粘り強いネガティブトランジションである。クロップはドルトムントでそれらによってトップレベルの監督の名声を得て、ゲーゲンプレッシングやカウンタープレッシングと呼ばれる。リヴァプールではそれまでよりはハードランニング及びプレッシングのゲームモデルではないが、リヴァプールの試合を見ると彼の徹底したサッカー哲学がある。」

 

 

-Liverpool will often have a top-class to elite score for passes per defensive action (PPDA). This is a metric which measures how many passes a team will allow the opposition before they engage them in a defensive action. Liverpool are regularly in the single figures and often under 6 for the number of passes they allow their opponents. In this match, they allowed 10.78, their highest PPDA of the season.-

「リヴァプールはしばしばPPDAでトップクラスのスコアを叩き出す。これは相手がパスをした時にどのくらい守備アクションを行ったかを示す指標です。リヴァプールは大抵6以下となるのだが、この試合では10.78を記録し、今シーズンのうち最も高いPPDA値であった。」

 

 

~試合図~

 

 

-Too often Napoli were able to comfortably play through the lines of attackers and midfielders with little effort made to effectively press the ball or close down passing lanes. We see this above with the line of three midfielders especially positioned far too flat. This allowed Koulibaly to find a driven vertical pass through the lines and into the feet of one of the forward players.-

「その結果ナポリはフォワードやミッドフィルダーは快適にプレーすることが出来ることとなった。上図では、リヴァプールのミッドフィルダーがフラットすぎて相手選手と距離が遠い。これが、クリバリにライン間やFWなどに縦パスを許す結果となった。」

 

 

~試合図~

 

 

-Even when Liverpool were more compact defensively they struggled to prevent Napoli from progressing the ball comfortably through the thirds. Here we see that Liverpool are compact centrally with little room for Napoli to occupy. Despite this, it is interesting to note that the two Napoli central midfielders are still well-positioned. With Lorenzo Insigne moving inside from the left though we see Trent Alexander-Arnold pinned and unable to move out. Jordan Henderson has recognised the threat of Mario Rui on the left but it is too late and the pass from Koulibaly allows the ball to move into the Liverpool half easily.-

「たとえリヴァプールがもっとコンパクトな守備だったときにも、彼らはナポリのファイナルサードまでの侵入を防ぐことに苦労した。上図では、ナポリのスペースを消す為にリヴァプールの選手たちが中央に固まっている。しかし、ナポリの2人のセントラルミッドフィルダーが良いポジションを取っているのは興味深い。インシーニェは左サイドから中央へ移動し、アレクサンダーアーノルドをピン止めし動きを止める。ヘンダーソンは左サイドのマリオ・ルイに気付いたが遅く、クリバリからリヴァプールサイドへボールを許した。」

 

 

~ナポリ省略~

 

 

Conclusion

 

-It is far too easy in football to draw conclusions on a team, a coach or a player based on small sample size and we have to remember this is just one match. We also have to remember that this Liverpool side have a 100% record in the Premier League. Still, Liverpool fans would have liked to have seen signs that their side had learnt from the mistakes of last season.

The trip to Napoli was easily the most difficult of the group stage but there is now added pressure from Liverpool to perform in their next match in the competition against a tricky Red Bull Salzburg side.

Kudos to Napoli but questions for Liverpool.-

「少ないサンプル数に基づいて選手や監督やチームを結論付けることは簡単であるが、あくまでこの試合はある1試合に過ぎないことを覚えておくべきだ。リヴァプールはプレミアリーグで全勝中であることもおぼえておかなければならない。しかし、リヴァプールファンは昨年の失敗から学んだということを見たかったのではないだろうか。

ナポリとのアウェイでの一戦はグループステージで最も難しい試合だったが、次も厄介なザルツブルグとの一戦が控えている。

ナポリに対する賞賛、だがリヴァプールにとっては疑問が残る。」

 

納豆はご飯のお供だけじゃない!~アウェイ水戸戦納豆を巡る旅~

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

先日のプレビューで書いたように、水戸ホーリーホックとの試合を観に行ってきました。

www.superhardwork.com

 

f:id:fulaneku:20190818153751j:plain

 

 

f:id:fulaneku:20190818151715j:plain

 

 

結果から先に言うと、0-3の完敗。

京都サンガの強みであるDFラインからの攻撃の組立てが夏場に入って乱れています。選手層が厚くないことが祟り、特定の選手に負担が偏っています。身体も頭も疲弊していることで判断ミスや技術的ミスにも繋がります。

変わって入った選手がうまくチームにフィットしていないことも続いており、シーズン後半に向けての大きな課題が顕在化する形となりました。

 

「苦しい時こそ現実を見て改善しろ!」という賢人の方々もおられるでしょうが、ここらでひと息入れませんか。お盆が明けて仕事復帰して現実を嫌でも見なきゃいけないでしょうから、旅と食べ物の話でもしましょう。

 

 

 

 

まず水戸へ行く前に、下妻のJAに立ち寄りました。

 

お目当てはこれ。

 

f:id:fulaneku:20190818151807j:plain

 

幸水梨!!!

 

妻が無類のフルーツモンスター(果物が好きで好きで堪らない人のことを勝手にこう呼んでいる。ちなみに果物は糖分多めなので食べ過ぎ注意)なので寄り道がてら。

 

私自身も二十世紀梨よりは幸水派なので、この下妻の梨は大好物。

甘さとさっぱり感が丁度良いバランスで、暑いこの時期にピッタリです。

 

その後、水戸に移動して昼食。

 

OWL Forestメンバーである円子さん(https://twitter.com/maruko2344)に紹介された山翠(http://www.sansui-mito.com/)へ。(食に夢中で特に写真ありません笑)

 

冬がメインであんこう鍋が絶品とのことですが、夏はあんこう氷鍋なるものがありました。私は無難にランチメニューの天ぷらうどん&まぐろ丼を注文したのですが、これが大ボリュームで絶品!

1000円でお腹いっぱい食べられます。あんこうの唐揚げもなかなか美味しかったです。

夏場はお店ガラガラなので、普通にランチ食べるお店としてもおすすめです。

 

 

 午後は観光。

水戸といえば日本三名園の一つである偕楽園が有名ですが、8月のクソ暑い時期にとてもじゃないけど行けたもんじゃありません。

ただ、徳川御三家を少しでも感じたいと思い弘道館に行ってきました。(暑すぎて写真を撮る気にもなれず、畳の写真しかありません申し訳ございません)

 

弘道館とは江戸時代に作られた藩校のことで、現在の総合大学にあたる教育機関です。

水戸藩第9代藩主である徳川斉昭が推進した藩政政策の一環として設立され、自然学、大日本史、医学など様々な教育の発展に寄与したとされています。

 

f:id:fulaneku:20190818151621j:plain

 

畳の縁にも葵模様が。徹底されています。

 

 

この弘道館の周りには幼稚園、小学校、中学校、高校が点在しており、今でも城下町の歴史を感じながら子供たちが学校へ通っています。

 

 

 

 

 

さて、ここまで前回の記事、今回と水戸についてかなり調べて観光もしたのですが、やっぱり水戸と言えば!のアレを忘れてはいけませんよね。

 

 

そう!!!納豆!!!

 

毎日納豆を食べるほど納豆モンスター(?)の私としては、納豆を語らずして水戸旅行記を終えるわけにはいきません。

 

 

そもそもなぜ、水戸は納豆が有名なのでしょう。大豆がたくさん採れるからでしょうか。

 

 

まず、納豆の起源については諸説あるのですが、

・弥生時代に住居に敷いてあった藁に大豆が落ちて発酵して納豆になった

・聖徳太子が馬のエサ用にとっておいた藁に包んだ大豆が自然と発酵して納豆になった

・戦時中に食糧難で農民たちから兵士に大豆を藁に包んで献上したら、数日後に発酵して納豆になっていた

 

時代についてもばらつきがあるのですが、共通しているのは

 

「煮た大豆を藁に包んだら発酵して納豆になった」

 

ということです。

 

なぜ、藁が不可欠なのでしょう。

 

納豆を作る為には40℃程度で発酵させる必要がありますが、発酵を促す「納豆菌」と呼ばれる菌が必要です。

納豆菌は空気や土壌にも多く含まれているのですが、米を刈り取った藁にも多く住み着いています。

すなわち、煮た大豆を食べようと持ち運ぶために藁に包んでいたところ、発酵して糸引く大豆=納豆が生まれたという訳です。

 

今ではこの納豆菌を培養できるようになったため、衛生面や生産性を考慮してパック売りでも作られるようになりました。

 

では、水戸といえば納豆!になったのはなぜでしょう。

 

 

水戸が納豆で有名になったのは明治に入ってから。

当時は行商たちがお得意先の家に一軒一軒回って売り歩くスタイル。これでは非効率的で、多くの数を売りさばくことは出来ません。

その状況を変えたいと立ち上がったのが、「水戸天狗納豆」の創業者である初代笹沼清左衛門。

彼が水戸駅でお土産として販売したのをきっかけに、爆発的に全国に「水戸納豆」が知れ渡ることになったそうです。

 

また茨城県が農業が盛んで大豆を多く作られていたことも、水戸納豆の普及に大きく寄与したと言われています。

 

当時から戦略的に「水戸と言えば納豆!」のプロモーションを行っていたことが窺い知れます。

 

 

さて、ここまで歴史を知れば、あとは食べるのみ!!!

 

今回駅ビルにて気になった納豆3種の食べ比べをし、それぞれの納豆に合った食べ方のシチュエーション提案をしていきます。

 

今回食べた3種は、

<水戸納豆製造㈱>

・雪あかり 267円

・紅ずきん 360円

・青神楽 290円

 

 

 

-雪あかり-

・宮城県ミヤギシロメ大豆使用

f:id:fulaneku:20190818162406j:plain

大豆は茨城県産ちゃうんかい!というツッコミが入りそうなところですが、納豆に合った大豆を日本全国から選抜したとのこと。

なんちゃら賞も受賞していますが、私はこの手の賞はモンドセレクション的な疑いもあると思っているので、自分の舌を信じます。

 

f:id:fulaneku:20190818162820j:plain

100回混ぜたあとがこちら。

色合いは思ったより白くなく、ふわふわ感が一般的なパック納豆よりもかなりあります。

 

食べた感想としては、味はこれぞ納豆!という感じで、とくに変わったところはないです。豆というよりタレを引き立たせるために大豆の味はあまり主張しないよう作られているように感じました。特徴的なのは豆の食感。固めに煮てありかなり食べ応えがあります。50gでも結構お腹にたまります。

 

~おすすめシチュエーション~

お腹が空き過ぎて起きた遅めの朝、アッツアツの白ご飯と共に

 

 

 

-紅ずきん-

・山形県産紅大豆使用

f:id:fulaneku:20190818163546j:plain

雪あかりとは打って変わって赤い大豆を使用した納豆。山形には紅大豆というものがあるそうです。

 

f:id:fulaneku:20190818163744j:plain

100回混ぜてみました。おおう、、、明らかに赤い。まるで小豆のようです。小豆よりは勿論かなり大きいのですが。意外なのは、雪あかりよりふわふわしてます。混ぜている段階から軽い口当たりなのが容易に想像できます。

 

味はこちらも一般的な納豆と変わらず、あくまでタレで味付けしているといったところ。豆が柔らかめでさらさらっと食べられます。納豆に豆感を求めている人は少し物足りないかもしれません。私は、納豆はご飯とかには掛けずそのまま食べたい派なので、このくらいがちょうど良いです。

 

~おすすめシチュエーション~

疲れて帰ってきた平日の夜、冷蔵庫の余りものでおかずが物足りない時のちょい足しに

 

 

 

-青神楽-

新潟県産吉川青大豆使用

f:id:fulaneku:20190818164351j:plain

こちらは青大豆。豆が他の2種よりも若干小ぶりです。

 

f:id:fulaneku:20190818164559j:plain

100回混ぜました。

 

ん?食べた瞬間に感じる違和感。

 

まるでたこわさみたい。。。

ご飯というより、、、

お酒に合うなこれ、、、

 

おつまみ的役割な納豆・・・!

 

~おすすめシチュエーション~

金曜の夜、お気に入りの日本酒と共に

 

 

 

 

ご飯にかけるだけじゃない納豆の楽しみ方を皆さんもどうぞ。

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

P.S.

納豆なんて臭くて食べられへんわ。。。という方はこちら↓

 

f:id:fulaneku:20190818165456j:plain

 

干し芋ほんと美味しいです。

おすすめは「べにはるか」で、独特のねっとり感と自然な甘みが堪能できます。