スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

2019シーズンJ2第12節京都サンガF.C. VS 横浜FC観戦記~鬼門ニッパツで感じたサンガの成長~

 

皆さんこんにちは、ryuです。

 

 

GWも終わってしまいましたね。

リヴァプールファンでありながら5/8早朝に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndLeg リヴァプール-バルセロナを寝過ごすという失態を起こしてしまったのですが、、、気を取り直して試合観戦記を書いていきます。

 

5/5(祝・日)

横浜FC VS 京都サンガF.C.@ニッパツ三ツ沢球技場

 

 

私は転勤族で1~2年の間で住む場所を転々としているのですが、現在は神奈川県横須賀市に住んでいます。

サンガの試合を観にホーム西京極に行くことがなかなか出来ない代わりに、関東にはサッカークラブが多数ありますので各地のアウェイ旅を楽しんでいます。

 

ニッパツには3年連続で行くことになり、さすがに駐車場の位置もしっかり把握。慰霊塔近くの臨時駐車場から10分もしないうちに競技場入口へ着きます。

この日は臨時駐車場もかなり埋まっていて、やはり連休中ということもあり観客数も多いのでしょうか。この日は平成生まれ招待キャンぺーンなるものを催していたようで、私も平成生まれなのですがホーム自由席のみということで断念。

 

f:id:fulaneku:20190508144839j:plain

幹線道路が近くにあるのですが、公園内に入ってしまえばのどかです。

スタグルの数は定番もののみで割と少な目、イベントもこれといって無しということで全体的にスタジアム周りの盛り上がりには正直欠けます。

横浜FCは長年集客面で苦労しているようで、なかなかスタジアムで圧倒的な雰囲気を、というところには達していません。神奈川県にはたくさんJクラブがありますからね、いくら横浜フリューゲルスを源流としているといっても横浜F・マリノス、川崎フロンターレに持っていかれるのも致し方ないと思います。

 

f:id:fulaneku:20190508145540j:plain

スタジアムのすぐ隣に市民病院を建設中のようです。

上の階に上るとピッチが丸見えなんですが、これは大丈夫なんですかね。

週末は応援で賑やかになりますけど、入院している方から苦情とか来ないですかね。

ホテル、商業施設をスタジアム近くに併設はよく聞きますけど、病院は色々心配になります。。。

 

 

ここ2年はゴール裏から観戦していましたが、今年はメイン自由席のチケットを購入しました。

 

f:id:fulaneku:20190508145918j:plain

マッチデープログラムの表紙はやはり松井大輔。

横浜FCに行ってからSBをやったり、リベロをやったり新境地を開拓しているようです。技術のある選手であることは間違いないですし、タヴァレス監督からの信頼も厚いようです。

 

f:id:fulaneku:20190508150213p:plain

ちょっと分かりづらいんですが、選手ウォーミングアップ前にサポーターが肩を組んで「飛び跳ねろ」をやってました!

アウェイで、しかもこのタイミングでやるとは思っていなかったです。

試合中も終始大きな声援が飛んでいましたし、私はゴール裏ではなかったですけどサンガサポーターを誇りに思った瞬間です。

 

f:id:fulaneku:20190508150537j:plain

選手入場時の様子です。

やはり建設中の市民病院が目立つ。。。笑

 

 

試合の方はというと、前半12分に石櫃のピンポイントクロスからシーズン初先発の大野のダイビングヘッドにてサンガが先制。見事先発起用に応えます。

前半ATに自陣でのミスから同点に追いつかれ嫌な雰囲気が流れるのですが、

後半開始早々にCKのこぼれ球を仙頭の豪快な左足で勝ち越し!

その後、後半25分にも前線からのプレスで重廣が相手GKとの1対1を冷静に決め、3-1で見事勝利!

シーズン初の3得点、2点差勝利となりました。

引用:YouTube

 

今シーズン一番の会心の勝利だったのですが、単純に良い試合だったというだけではなく、チームの成長が凄く感じられる一戦でした。

football labの集計によると、パス数は横浜FCが463本に対し、サンガは428本。おそらく今シーズン初めてパス数で相手より下回りました。ただ、相手にボールを回され動かされていたかというとそうではなくて、横浜FCは最終ラインでボールを回しつつ、しょうがないから2トップのイバ、戸島にロングボールを蹴りセカンドボールを回収する淡白な攻撃をさせることに成功しました。ただ、サンガのCBは本多、安藤の低身長コンビですので、どうしても競り合いで負けるシーンもあります。そこで、試合中の実況の方もおっしゃっていましたが、サンガはボールを奪われた直後=ネガティブトランジション時にボールホルダーにアタックすることによりボールを再奪取。ショートカウンターを発動するシーンが多くみられました。

 

f:id:fulaneku:20190508154624p:plain

両チームスカッド

 

f:id:fulaneku:20190508160206p:plain

前半31分頃のシーン

本多の持ち上がりを奪われますが、ボールを持ってターンしたレアンドロ・ドミンゲスに福岡が猛烈なプレスでボールを奪い返すことに成功。重廣の決定機へと繋がります。

他にも、CK時には仙頭がレアンドロ・ドミンゲスにぴったり付き、カウンターを遅らすことに成功しています。

3点目のシーンとなったヨンアピンや田代へのアタックも同様です。

 

相手陣内でボールを保持してゴールに迫る時には、左サイド:黒木、重廣、小屋松/右サイド:石櫃、福岡、仙頭の3人で三角形を作りながら前進、

相手にボールを奪われた時には福岡、仙頭、重廣辺りがボールホルダーにアタックしてボール再奪取を狙う。

また、大野の特徴として先制点のシーンのようにクロスに対してニアに飛び込む動きが得意なことが挙げられますので、石櫃のクロッサーとしての特徴が生かされました。

大野を下げて闘莉王投入時はCFとしての投入となりましたが、彼が最前線だとどうしても相手へのファーストプレッシャーが甘くなりボールを自陣まで簡単に運ばれてしまいますので、すぐに5バック真ん中に配置替えしたのは賢明な判断と言えるでしょう。

 

 

また、シーズン前はタレント不足と懸念されていたCFの人選が熾烈になってきました。

今節の大野は得点を挙げアピール、一美はボールを収めることができゴールへの意識が高い、宮吉は現状1Gと物足りないが前線でのフリック等周囲とのワンタッチプレーは秀逸、エスクデロは他の選手にはない突破力がある。

選手間の競争が激しいのは昨年との大きな違いですし、チームが成長する為には必要不可欠な事です。

 

 

 次回は月末の山口戦、ファン感謝デーの様子をレポートする予定です。

 

 

 

では、また。

f:id:fulaneku:20190508152412j:plain

※重廣バースデーゴールおめでとう!

 

湘南ベルマーレ2018イヤーDVD「NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章」を観て


皆さんこんにちは、ryuです。

 

GWはいかがお過ごしでしょうか。

私はというと5/4まで仕事で5/5からやっと4連休です。連休初日はニッパツに横浜FC-京都サンガF.C.戦を観に行きます。(観戦記書きます)

その後は伊豆に泊まってのんびりする予定です。

 

 

さて、今回は試合レビューではなく巷で話題となっている

 

湘南ベルマーレイヤーDVD「NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章-2018覚悟-」

 

f:id:fulaneku:20190503172044j:plain

 

の紹介をします。

 

ベルマーレサポにとってはおなじみのイヤーDVDとなっているようなのですが、昨シーズンのものはロッカールームの映像がスッキリ!やビビットで紹介されたり、Numberで取り上げられたりとかなり話題を呼んでいます。

 引用:Number Web

 

 

そこで、私もご多分に漏れず購入しました。

 

約60分のドキュメンタリー(+2018シーズン全ゴール集が特典映像として収録)なのですがこれがとても濃い内容なのです。

 

 

 

以下、少しネタバレ気味の記述もあるので、購入予定の方は注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に話題となったのが第14節の清水戦後のロッカールームで秋元選手が梅崎選手にボールを取られた後の守備について苦言を呈したところ。秋元選手はあえて年上の梅崎選手にふっかけたことで若手選手も物怖じすることなく意見をぶつけ合うことを求めていたという。

秋元選手の思惑通り、齋藤選手や山根選手も先輩選手に対してもっとこうして欲しいなど意見をぶつけます。

 

曹貴裁監督は熱血漢で湘南を闘う集団へと鍛え上げた張本人ではあるのですが、選手同士があまり意見をぶつけない姿に不満が合った様子。

監督が声を荒げて奮起を促すのではなく、そこは選手同士で、と敢えて黙っていたところに秋元選手が反応したのです。

 

湘南スタイル

「攻撃的で、走る意欲に満ち溢れた、アグレッシブで痛快なサッカー」

を掲げるからには、選手たちが1人でもさぼってしまうとチームとしてバラバラになり、勝利を手にすることが出来なくなってしまう。

それを曹監督は分かっているからこそ、ここまでアツく選手たちに檄を飛ばすのでしょう。でも選手たちで解決していく余地を残すところが上手なマネジメントです。

 

 

また、私が個人的に印象に残ったシーンはルヴァンカップ準決勝2nd Leg柏レイソル戦のPK戦。

 結果は湘南が勝利し決勝進出するのですが、そこで秋元選手はゴール裏サポーターの声援が大きな後押しとなったと発言しています。

秋元選手自身が止めたわけではないのですが、相手選手のシュートが大きく枠を外したのはサポーターの声援があったからだ、と。

 

インタビューで形式的にそういった発言をする選手はたくさんいますが、シーズンを振り返った時に思い出してチャントが力になったと選手に感じてもらえることはサポーター冥利に尽きるのではないでしょうか。

 

2017年にBMWスタジアムで観戦した際も、私はアウェイゴール裏にいたのですが陸上競技場とは思えない一体感がありました。

(後半ATに岡本選手にゴールを決められ感心しているどころか絶望的な気分でしたが。。。苦笑)

 

このDVDを観て、喜怒哀楽を激しくぶつけている選手、監督に心を打たれました。

普段の生活の中で感情を爆発させる瞬間って余り無いですから、スタジアムで一喜一憂することの意義を再認識することが出来ました。

 

今シーズンより試合レビューを書くようになって、どうしてもスタジアムで冷静に試合を分析しようとして黙ってしまっている自分がいました。 

でもそれはDAZNで後から振り返ってからもできる事です。

スタジアムで応援しているからには、ピッチ上で起きていることにダイレクトにアクションを起こすことが出来ます。何気ないプレーでも選手が良い判断をした時に拍手を送るとか、チームとしての狙いが明確で試合をしている場合に不必要な野次を飛ばすのをやめるとか。

 

そして、スタジアムでの応援とは別に、チームとしての狙いや成長、課題を捉えるためにこのブログを書いています。

応援しているチームがどのようなサッカーを目指しているのか理解出来るようになると、単純に試合を観るのがより一層楽しめると思うのです。そしてそのようなサポーターが増えるとクラブとしての一体感が高まります。

 

 

チームとしてやりたいことが明確で、更にそれを理解しているサポーター

 

 

この2つが揃った時、ものすごく良いクラブになる気がしませんか?

 

 

少しずつでも、自分の力を応援しているクラブの為に使っていきます。

 

 

 

では、また。