スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

J2ドラフト会議2019レビュー~攻撃は最大の防御なり~

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

早くも2週間も経ってしまいましたが、J2ドラフト会議2019が10/11に行われました。

私は昨年も参加させて頂きました。

 

 

www.superhardwork.com

 

 

昨年指名した選手は獲得しないこと、同一チームから2人以上指名しないことをマイルールとして挑みました。

 

参加した皆さんはこちら(指名順・敬称略)

 

C3(@kfhy31) さん

とりさわ(@torifoot8)さん

C&D(@kondocharai)さん

YOSHIKI(@ts_gooners) さん

とめ(@tome_beta) さん

Ryu-Y(@fulaneku49)

Haru(@oaowegasb10)さん

ジェイ(@RMJ_muga) さん

TanaLife(@TanaLife) さん

YK(@YAmkei5)さん

 

 

J2クラスタを代表する方々です。

 

 

それでは、私が指名したイレブンはこちら!

 

f:id:fulaneku:20191026102839j:plain

 

コンセプトは、

「兎にも角にも攻撃!クロスもミドルも撃ちまくれ!」

 

では、指名順に狙いをレビューしていきます。

 

 

1巡目:小屋松 知哉(京都サンガF.C.)左WG

これはもう当初から決めていました。贔屓チームから最も質的優位を確保できる選手を獲得です。

今シーズンはチームの柱として右サイドを切り裂く突破を幾度と無く見せ、WGを配置するチーム戦術と彼の特徴が見事にマッチしたシーズンとなっています。

今シーズンから個人トレーナーを付けてボディメンテナンスやパーソナルトレーニングを行っていることもあり、シーズンを通して安定した活躍を見せています。

彼の突破からレオナルドへのクロスで得点量産作戦です。

 


【公式】ゴール動画:小屋松 知哉(京都)85分 京都サンガF.C.vsレノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ 第15節 2019/5/25

 

 

2巡目:レオナルド(アルビレックス新潟)CF

今季J2得点ランキング首位を独走するレオナルドをセンターフォワードとして指名しました。昨年はガイナーレ鳥取でJ3得点王、今シーズンは序盤こそなかなか得点が取れなかったものの、後半戦は得点を量産。2期連続J3、J2得点王が濃厚となっています。

得点を量産しているだけあってボックス内での落ち着きは一級品。降りてきてボールを受ける動きも出来る万能型CFがいると、彼がいれば得点が取れるという安心感に繋がります。ボックス内までボールを運んだらこっちのもんです。

 


【公式】ゴール動画:レオナルド(新潟)5分 アルビレックス新潟vsジェフユナイテッド千葉 明治安田生命J2リーグ 第31節 2019/9/7


【公式】ゴール動画:レオナルド(新潟)18分 アルビレックス新潟vsジェフユナイテッド千葉 明治安田生命J2リーグ 第31節 2019/9/7

 

 

3巡目:セランテス(アビスパ福岡)GK

「シュート全部止めるマン」の異名をとるJ2きってのGKを指名。今シーズンは歯車が噛み合っていない福岡ですが、彼がいたおかげでどれだけ救われたのでしょうか。サンガと対戦した時もシュートを止められまくってトラウマ解消の意味もこめての指名ですw

 


「2019 アビスパ福岡選抜総選挙」1位 セランテス選手

 

アビスパ福岡選抜総選挙なるものをやっているのですね。

このあたりから、モダンな現代型サッカー路線からは外れていきます。。

 

 

4巡目:上門 知樹(うえじょう・さとき FC琉球)IH

J2難読漢字選手の指名が続いていて、その流れにたまたま乗ってしまい指名しました。ただ単に彼を名前で指名したわけじゃありませんよ。素晴らしい得点感覚、ミドルシュートを持つ攻撃力の高い素晴らしい選手です。FC琉球でCFを開幕から張ってた鈴木選手が夏にセレッソに移籍してから、上門選手がCFに入って得点をガンガン決めています。彼がいなかったら琉球は得点力不足に陥っていたのではないかと思います。私のチームでは2列目から弾丸ミドルを期待しています。

 


【公式】ゴール動画:上門 知樹(琉球)35分 徳島ヴォルティスvsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第29節 2019/8/24

 

 

5巡目:亀川 諒史(Vファーレン長崎)右SB

ここまで攻撃的な選手しか取っていなかったので、ここらで安定感のあるサイドバックを、と思い指名。U-20手倉森ジャパンの時の代表だったようで、その縁もあってか今年から長崎へ。右だけではなく左もこなせる点も評価しました。

 

 

6巡目:菊池 流帆(レノファ山口)CB

「素材系CB」とも呼ばれる将来性の高いセンターバックを指名。本当は安定感のあるベテラン選手を先に獲るべきなのでしょうが、彼の向上心とガッツポーズに心を打たれて指名しました。

 


2019 J2 第36節 vs. 京都サンガF.C.

 

5分20秒あたりから、彼の身体を投げ出した守備とガッツポーズが堪能出来ますw

 

 

7巡目:福満 隆貴(水戸ホーリーホック)右WG

夏の移籍で水戸にやってきた福満選手をウインガーとして指名。右サイドは亀川選手がオーバーラップして、福満選手はひとつ内側でカットインしてプレーする見立てです。中でプレーするのも厭わない選手なので、上門選手とポジションチェンジしながら攻撃するのも面白そうです。

 

 

8巡目:渡井 理己(徳島ヴォルティス)IH

鋭いドリブルでの突破が持ち味で徳島の未来を担うと言われている渡井選手。2列目からの飛び出しや、左サイドで小屋松選手とのワンツーからの抜け出しとか誰も止められないのでは。ゴールを狙う姿勢も高いので、ますます得点の匂いがしてきましたね。

 

だれが守備やんねんという話は無しですよ。

 

 

9巡目:中原 秀人(鹿児島ユナイテッド)DMF

中原選手はアンカーとして指名です。ますます守備が怪しくなってきましたが、いけいけどんどんで彼からボールを前に供給します。

 

 

10巡目:下平 匠(ジェフユナイテッド千葉)左SB

守備の安定感がだいぶ怪しくなってきたので、経験のある下平選手を指名。両サイドバックは安心感のある2人を指名出来ました。左サイドは小屋松に任せておけばよいので、彼は守備に専念します。

 

 

11巡目:深津 康太(FC町田ゼルビア)CB

センターバックで欲しかった選手が直前にバンバン獲られたんでだいぶ焦りましたが、何とか跳ね返せる選手を指名出来ました。

 

 

こうして、11人の指名が完了。

当初のコンセプト通り攻撃的で特徴のある選手を前線に並べることが出来、若い選手も多いのでイケイケドンドンなチームが見事に出来上がりました。

 

普段は対戦相手として見ている選手たちですが、こうしてJ2ドラフトで指名した選手が活躍すると、「おお、頑張ってるなあ」という謎の親心を持つことが出来るので、J2を観る楽しみが増えますw

 

 

来シーズンは我が軍がJ2なのかJ1なのか分かりませんが、今後ともこのJ2ドラフト会議の発展に微力ながら寄与していきます!

 

 

 では、また。

 

UEFA Champions League 2019/20:Napoli vs Liverpool-Tactical Analysis[日本語訳]

どうもこんにちは、Ryu-Yです。

 

本記事では、

「UEFA Champions League 2019/20:Napoli vs Liverpool-Tactical Analysis」

https://totalfootballanalysis.com/match-analysis/uefa-champions-league-2019-20-napoli-vs-liverpool-tactical-analysis-tactics

の記事を日本語訳していきます。

 

リヴァプールをもっと知る為の勉強です。 

 

-The end of the 2018/19 season saw Liverpool crowned champions oEurope for the sixth time. This has been covered extensively throughout the summer but it still bears repeating. As ever, however, the narrative surrounding the winners can be diluted by their success: Liverpool raised the trophy and after a stunning comeback in the semi-finals against Barcelona, there were few who would say that they did not deserve the trophy. With that being said, it is easy to overlook the performances over the course of the tournament. It is easy to forget that Liverpool were almost knocked out at the group stage of the competition, by none other than the team they just faced, Napoli.-

「2018/19シーズンの終わり、リヴァプールは6回目となるヨーロッパ王者の栄冠を手にした。それは世界中に知れ渡ることとなったが、まだその余韻が残っている。

しかしいつものことながら、勝者達を取り巻く物語は彼らの成功によって薄まることができ、リヴァプールは準決勝でバルセロナ相手に衝撃的な逆転劇を収めた後、CLトロフィを掲げ、彼らがトロフィを掲げるに値しなかったという人は殆どいなかった。

そう言われることでリヴァプールのCLを通じてのパフォーマンスについて見落としがちである。彼らがグループステージ敗退の一歩手前まで来ていたことは忘れさられているが、そのライバルこそナポリであった。」

 

 

-Napoli came into this match after a somewhat erratic start to their Serie A season. A 4-3 win over Fiorentina in the opening matchday was followed by a 4-3 defeat to rivals Juventus. Their match before this tie saw them pick up their first clean sheet in a 2-0 win over a struggling Sampdoria side but their defensive concerns were real. This is despite the significant transfer outlay over the summer on the Greek international central defender Kostas Manolas, who would partner the excellent Kalidou Koulibaly. Napoli coach Carlo Ancelotti, therefore, had a lot to plan for before hosting this Liverpool attack with Sadio Mane, Mohamed Salah and in particular, Roberto Firmino all threatening to reach top form.-

「ナポリはセリエA開幕後いくらかの不安定な試合の後にこの試合に臨んだ。

フィオレンティーナとの開幕戦を4-3で制した後、リーグでのライバルとなるユヴェントスには3-4で敗北した。

 

 

~両チームフォーメーション図~

 

 

-For Napoli, the initial team shape was somewhat misleading. Wyscout has them down as playing in a 4-4-2 with new signing Hirving Lozano partnering Dries Mertens in the attack. In truth, the structure shifted with Jose Callejon retaining a somewhat deeper position for most of the match while on the left Lorenzo Insigne had a free role with the ability to drift in and out of pockets of space. In the centre of the midfield, the Brazilian Allan was given greater defensive responsibility whilst Fabian Ruiz was very much the creative hub of the side.-

「ナポリにとって、選手の配置は幾らかの語弊がある。Wyscoutは4-4-2の配置で新加入FWロサーノとメルテンスの2トップとして示していた。実際は、インシーニェがスペースを見つけて自由なポジショニングをとる一方で、カジェホンは試合中のほとんどを下がった位置にポジショニングした構造にシフトしていた。セントラルミッドフィルダーは、ファビアン・ルイスがサイドで起点となっており、ブラジル人のアランが素晴らしい守備的タスクを任された。」

 

 

~ナポリのパスマップ図~

 

 

-The Napoli pass map shows this slightly asymmetrical style with Insigne and even left-back Mario Rui playing higher, and on the opposite side, Callejon and Giovanni Di Lorenzo at right-back kept a deeper line. This may well have been a direct result of the threat of Sadio Mane from that side. On the opposite flank, Koulibaly patrolled the space expertly and was able to manage the dangerous Mohamed Salah 1 v 1.-

「ナポリのパスマップ図はわずかに非対称な形をしており、インシーニェと左サイドバックのマリオ・ルイが高い位置を取る一方で、逆サイドではカジェホンと右サイドバックのディ・ロレンツォが深い位置を示している。これはサディオ・マネのいた右サイドの脅威による結果かもしれない。対面側では、クリバリがスペースを巧みにケアしており、危険なアタッカーであるモハメド・サラーとの1対1を管理出来ていた。」

 

 

-Liverpool lined up as always in a 4-3-3 shape but as is normal from Jurgen Klopp the biggest talking point came in the selection of the midfield three. Fabinho played as the ‘6’ but Klopp opted for his safe midfield of James Milner and Jordan Henderson ahead of him. This would prove problematic as the game wore on.-

「リヴァプールはいつもの4-3-3の形でスタートしたが、ユルゲン・クロップの3ミッドフィルダー起用が最も注目されたところだった。ファビーニョは"6番"の選手としてプレーしていたが、クロップはジェームズ・ミルナーとジョーダン・ヘンダーソンを彼の前に配置した。これが試合ではいくつかの問題を発生させる原因となった。」

 

 

~リヴァプールのパスマップ図~

 

 

-The Liverpool pass map showed no surprises other than the lack of width. It is normal for the two wide forwards to occupy central spaces as Roberto Firmino drops deep, as seen above, since there are normally mechanisms put in place to provide width elsewhere. Last season this was typically achieved by moving both full-backs high. This season we have seen the 8s and Jordan Henderson, in particular, moving outside to allow Salah to come in. In this match, we saw neither and this made it easier for Napoli to defend against the Liverpool front three.-

「リヴァプールのパスマップは幅が狭いこと以外は特に驚くべきところはない。両WGがフィルミーノの下りるスペースを空けるのは普通のことで、上図のように、一般的な戦術となっている。昨シーズンは、両サイドバックが高い位置を取ることでこれが達成されていた。今シーズンは"8番"の選手やヘンダーソンが特に顕著で、サラーを内に入らせる為に彼らが外に動くz。この試合では、それらが見られず、ナポリにとってリヴァプールの3トップに対して守りやすくなっていた。」

 

<Livepool's poor attacking structure>

-As touched upon above there should be no surprises in the attacking structure used by Liverpool and Jurgen Klopp. The strength of this team, other than the coach, lies in the attacking three with Sadio Mane, Mohamed Salah and Roberto Firmino all making firm moves towards the world-class bracket in recent seasons. The mechanisms behind their success are relatively easy to fathom though.-

「上に示すように、リヴァプールとクロップにとって攻撃の構造は確立されたものである。監督以外にもこのチームの強みである3トップのマネ、サラー、フィルミーノは近年ワールドクラスのコンビネーションを持って君臨している。彼らが成功を収めたメカニズムを解明するのは比較的容易である。」

 

 

-Playing as the 9 Roberto Firmino is perhaps the least talked about but the most important player in making the attack function as expected. He drops off into deeper areas where he can receive the ball in space and link with the midfield. This dropping off effectively freezes the central defenders and forces them to make a decision: do they allow him to go and leave him space, or do they follow. That decision is then quickly taken away from them when the likes of Mane and Salah move inside, not just into the half-spaces, but often into the central zones to occupy space. When the structure works Liverpool create overloads and exploit space ruthlessly. In this match, it did not work.-

「9番の役割を持つフィルミーノのプレーについて議論されることはおそらく最も少ないのだが、攻撃を形作る上で最も重要な選手である。彼は中盤のスペースへボールを受けられる時に、深い位置まで降りてくる。その動きが相手CBを効果的にピン止めすることが出来、次のような迷いを生じさせる:彼にスペースを与えないよう付いていくべきか否か。マネやサラーが内側に動く際はその判断をしてはいけない。彼らはハーフスペースではなく真ん中のゾーンへスペースを埋めるために動く。これらの構造を働かせる時、リヴァプールはオーバーロードやスペースを使えることがある。この試合ではうまく機能しなかった。」

 

~試合図~

 

 

-The front three were often narrow but there was no support from deeper areas where players would normally run to occupy these highlighted wide spaces. This lack of support in the attacking transition meant that Napoli were able to concentrate the bulk of their defensive resources to crowding the centre and denying Liverpool the opportunity to create overloads or find pockets of space in which they could play.-

「3トップの距離が近かったがサイドのスペースに走ったりしても深い位置までサポートすることは無かった。リヴァプールの攻撃時のサポート不足によってナポリは中央にディフェンダーを割くことが出来、リヴァプールのオーバーロードやスペースを見つけプレーする機会を防ぐことが出来た。」

 

 

-The three central midfielders for Liverpool all stayed relatively flat and offered little to no help in the attacking phase. What is perhaps more surprising was that the full-backs failed to progress to a higher line in order to offer support to the attackers. We have seen phases of play so far this season from Liverpool that suggested that Klopp was looking to play a more controlled game with Trent Alexander-Arnold especially being asked to tuck inside alongside the central midfielders. This lack of support in wide areas did not feel like an attempt to exert their control, instead, it felt as though Klopp was concerned about the attacking potential of Napoli in transition and that he wanted to negate that threat.-

「リヴァプールの3人のミッドフィルダーは攻撃時比較的フラットに位置し攻撃参加する。おそらく意外だったのは、両サイドバックが高い位置を取って攻撃参加できなかったことだった。私たちは今シーズンのリヴァプールの試合を見て、おそらくクロップはアレクサンダーアーノルドに対して特にミッドフィルダーに近い位置でプレーするよう指示していると考える。ワイドのエリアでのサポート不足は攻撃機会を減らす代わりに、クロップはナポリの攻撃を警戒し、攻撃の脅威を抑えたかったのだろう。」

 

 

~試合図~

 

 

-In this example, we again see the same issue but this time it is further compounded by the fact that both Mane and Salah are occupying the same space. As Firmino turns in possession to face the Napoli goal he should at least have three options. He should be able to drive forward in possession or combine with Mane to the left and Salah to the right. With Salah drifting over and effectively crowding Mane, one of those options was taken away. Firmino played the only pass that he could but the other two forwards got in one another’s way and the opportunity was lost.-

「この例では同じ問題が起きており、マネとサラーが同じスペースに入ってしまっている。フィルミーノがボールを受けてターンしてナポリゴールへ向かう時、最低3つの選択肢を持つべきである。前方へドリブルするか、左のマネへパスするか、右のサラーへパスするか。サラーはマネと同じように動いてしまい、一つの選択肢が無くなった。フィルミーノは2人のフォワードがいる方へパスをしたが彼らは同じ方向へ行ってしまい、ボールをロストした。」

 

 

Liverpool passiveout of possession

 

-There are two things that you can normally rely on from this Liverpool side. Firstly, that they will be effective in the attacking transition, but we have already seen that they were not; and secondly that they would be tenacious in the defensive transition. Jurgen Klopp built his reputation as a top-level coach with Borussia Dortmund and became synonymous with gegenpressing or counter-pressing. His tenure at Liverpool has shown that there is far more to his game model than just hard running and pressing but there are still elements of this full-on philosophy when you watch this Liverpool side play.-

「このリヴァプールには2つの頼れる事柄がある。一つ目はポジティブトランジションであるがそれらがあまり見られなかった、2つ目は粘り強いネガティブトランジションである。クロップはドルトムントでそれらによってトップレベルの監督の名声を得て、ゲーゲンプレッシングやカウンタープレッシングと呼ばれる。リヴァプールではそれまでよりはハードランニング及びプレッシングのゲームモデルではないが、リヴァプールの試合を見ると彼の徹底したサッカー哲学がある。」

 

 

-Liverpool will often have a top-class to elite score for passes per defensive action (PPDA). This is a metric which measures how many passes a team will allow the opposition before they engage them in a defensive action. Liverpool are regularly in the single figures and often under 6 for the number of passes they allow their opponents. In this match, they allowed 10.78, their highest PPDA of the season.-

「リヴァプールはしばしばPPDAでトップクラスのスコアを叩き出す。これは相手がパスをした時にどのくらい守備アクションを行ったかを示す指標です。リヴァプールは大抵6以下となるのだが、この試合では10.78を記録し、今シーズンのうち最も高いPPDA値であった。」

 

 

~試合図~

 

 

-Too often Napoli were able to comfortably play through the lines of attackers and midfielders with little effort made to effectively press the ball or close down passing lanes. We see this above with the line of three midfielders especially positioned far too flat. This allowed Koulibaly to find a driven vertical pass through the lines and into the feet of one of the forward players.-

「その結果ナポリはフォワードやミッドフィルダーは快適にプレーすることが出来ることとなった。上図では、リヴァプールのミッドフィルダーがフラットすぎて相手選手と距離が遠い。これが、クリバリにライン間やFWなどに縦パスを許す結果となった。」

 

 

~試合図~

 

 

-Even when Liverpool were more compact defensively they struggled to prevent Napoli from progressing the ball comfortably through the thirds. Here we see that Liverpool are compact centrally with little room for Napoli to occupy. Despite this, it is interesting to note that the two Napoli central midfielders are still well-positioned. With Lorenzo Insigne moving inside from the left though we see Trent Alexander-Arnold pinned and unable to move out. Jordan Henderson has recognised the threat of Mario Rui on the left but it is too late and the pass from Koulibaly allows the ball to move into the Liverpool half easily.-

「たとえリヴァプールがもっとコンパクトな守備だったときにも、彼らはナポリのファイナルサードまでの侵入を防ぐことに苦労した。上図では、ナポリのスペースを消す為にリヴァプールの選手たちが中央に固まっている。しかし、ナポリの2人のセントラルミッドフィルダーが良いポジションを取っているのは興味深い。インシーニェは左サイドから中央へ移動し、アレクサンダーアーノルドをピン止めし動きを止める。ヘンダーソンは左サイドのマリオ・ルイに気付いたが遅く、クリバリからリヴァプールサイドへボールを許した。」

 

 

~ナポリ省略~

 

 

Conclusion

 

-It is far too easy in football to draw conclusions on a team, a coach or a player based on small sample size and we have to remember this is just one match. We also have to remember that this Liverpool side have a 100% record in the Premier League. Still, Liverpool fans would have liked to have seen signs that their side had learnt from the mistakes of last season.

The trip to Napoli was easily the most difficult of the group stage but there is now added pressure from Liverpool to perform in their next match in the competition against a tricky Red Bull Salzburg side.

Kudos to Napoli but questions for Liverpool.-

「少ないサンプル数に基づいて選手や監督やチームを結論付けることは簡単であるが、あくまでこの試合はある1試合に過ぎないことを覚えておくべきだ。リヴァプールはプレミアリーグで全勝中であることもおぼえておかなければならない。しかし、リヴァプールファンは昨年の失敗から学んだということを見たかったのではないだろうか。

ナポリとのアウェイでの一戦はグループステージで最も難しい試合だったが、次も厄介なザルツブルグとの一戦が控えている。

ナポリに対する賞賛、だがリヴァプールにとっては疑問が残る。」