スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

京都サンガF.C.2019シーズンレビュー(GK、DF編)

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

2019シーズンが早くも終わってしまいました。

 

我が軍は、勝ち点68で8位という結果でした。

 

一時、首位に立つこともありましたが、スタメン起用され続けた選手たちの疲労、アンカー庄司に対するマーク、夏の補強不発等もあり後半戦は連勝が一度のみとなり順位を下げていくこととなりました。

 

そして今季の躍進を支えた中田監督とゲルトコーチの退任、實好コーチの監督就任が発表されています。

 

来シーズンに向けて新体制を早期に確立することは重要なことですが、同時に今季の成果と反省をないがしろにしてはいけません。

 

「京都サンガF.C.にとって2019シーズンが分水嶺だった」

 

後から振り返って、こう言える時が来るように。

 

今シーズンを無駄にせずクラブの土台にしていく為にも、しっかり振り返りをしていく必要があるでしょう。

 

 

 

何回かに分けてシーズンを徹底的に振り返ってみたいと思います。

 

まずは、選手編から。

 

<GK>

・1    加藤 順大 先発15試合(+天皇杯1試合)

 昨年オフに契約満了となった大宮から加入した加藤。これまでの所属先は浦和と大宮のみでそこまで移籍が多い選手ではないものの、加入してすぐ後輩と食事に行くなど積極的にコミュニケーションを取りチームのムードメーカーとして貢献。

アウェイ千葉戦では、ベンチでずっと中野とおしゃべりしていた。加入して2ヶ月ほどであれほどルーキーと仲良くなれるのかと驚いた印象が。後輩から慕われる先輩の代表格である。

また、スタメンであろうがベンチであろうがゴールを決めた選手に走っていくスピードが尋常ではなく、みんなと喜びを分かち合いたい気持ちが前面に出ていた。

天皇杯をきっかけに出番を掴み一時はスタメンが続いていたが、シュートストップ、飛び出し、キック精度のいずれも清水の方が上回っていたことは確かで、契約更新は微妙か。

 

 

・21  清水 圭介 先発25試合

 京都5年目となった今季もなんだかんだ清水が正GKとして良い飛び出しと素晴らしいシュートセーブを何度も見せてくれた。ハマった時のセービングはJ2の中でも屈指である。チームとして流れを変えたいときにスタメンから外れることもあったが、終盤になるとやっぱ清水か、となる。

今季のチーム戦術的に味方のCBに預けるだけではなく、相手のファーストプレッシャーラインを越えてSBに預けるキックを求められる場面が多く、そこにはさすがに苦労していた。しっかり通ってたこともあったけどね。まあそもそも京都に来てからこれまでやったことがなかっただろうし。彼の意識としてそこを狙おう、とはしていたので見えているけど技術的に、なので仕方ない。

来年も同じ戦い方をするとなると、やはりもうワンランク上のGKが欲しいのは確かなので、人選は難しいところ。

 

 

・34  若原 智哉 先発1試合

  昨季はボスコ政権の下終盤戦でスタメンを張る試合も多くあったが、今季は岡山戦の一試合のみ。実力者の加藤が加入したこと以上に、今の京都の戦術と彼の強みがマッチしていないので。

至近距離でのシュートストップは前から定評があったが、ミドルレンジでのポジショニングやキック精度が物足りないのは現代サッカーにおいて結構痛手である。(U-20W杯では何度もスーパーセーブを披露したのだが。。。)

東京五輪も同世代の大迫(広島)が頭一つ抜け出していて、もう1枠も谷(G大阪)、鈴木(浦和)、オビ(横浜FM)等々ライバルは多いので選ばれる為には試合に出ないといけない状況。残留しても来季も出番は限られると思うので、どういう決断をするのか注目である。

 

 

<DF>

・3   宮城 雅史 先発6試合/途中出場1試合(+天皇杯1試合)

 なんとなく顔のイメージも相まってか「のっそり系CB」としての地位が固まりつつある宮城。ボール出しの役割はやろうとするのだが引っかかること多し。出番が限られ今季も厳しいシーズンとなった。山口時代にはセットプレー時の得点力も武器であったらしいのだが、サンガに来てからはゴールゼロ。そもそもFW起用はしてないわけだが。

 

 

・4   田中マルクス闘莉王 先発13試合/途中出場16試合

 シーズン序盤はパワープレー要因として前線に投入されることもあったが、徐々にCB起用が増えていったシーズンに。守備時にボールを跳ね返す能力や精神的支柱の役割を買われて試合に出ていたのだろうけど、何でもない縦パスをパスミスしてショートカウンターで全力疾走という光景はいただけなかった。。。

シーズン終盤でもコンディション面では問題無かったので、かなり体には気を遣ってケアしていたのだろう。

最終戦でセットプレーで安藤と接触し大流血していた姿は痛々しくもありながら、最後まで闘莉王であった。

攻撃面ではこちらも今シーズンは得点ゼロと、ゴールを奪う怖さが無くなってしまったのは結構ツライいところではある。セットプレー時の競り合いも2年前と比べると。。。

今季で引退する噂も広がっているが、今の所公式リリースはしていないがどういう花道となるのだろうか。浦和や名古屋的にもどうなんだろう。名古屋はおいといて浦和は何かやるんかな。

引用:news.yahoo.co.jp

 

 

・5   黒木 恭平 先発41試合/2G2A

 昨夏に鹿児島から移籍してきた当初は本多がいて冨田が加入内定していたのでなぜ?と思ったのだが、今季は見事に大ブレイク。出場停止となった最終節以外は全試合スタメン出場。中田サンガを象徴する選手となった。

特に攻撃面での貢献は計り知れず、偽SBの役割やIH・WGとのトライアングル攻撃は相手にとって脅威となった。

セットプレーでは左足から精度の良いボールを配給。

来季もよろしくお願いします。

 

個人的に、アウェイ福岡戦のゴールがお気に入り。


引用:【公式】ゴール動画:黒木 恭平(京都)71分 アビスパ福岡vs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第3節 2019/3/9

 

 

・6   本多 勇喜 先発36試合

 彼も今季の京都を象徴する選手となった。これまでのシーズンは左SBでかなりムラっ気があり、身体を張ったクリアをしたかと思えば簡単に相手選手にドリブル突破を許すシーンもあったりとなかなか信頼感を置くのが難しい選手だったのだが、今季は主に左CBとしてビルドアップの起点として機能。SBやIHの選手とパス交換しながら持ち上がることも多々あり、ちょっとこれまででは考えられない光景であった。

守備面では脅威の身体能力を生かして長身FW相手にも跳ね返すことが出来ていた。

試合にあまり出れていないCBが契約満了となっているので、更新が既定路線だとは思うが。

 

 

・16  安藤 淳 先発27試合/途中出場2試合/1G2A

 6年ぶりに帰ってきた安藤は、右CBで本多とともに攻撃の始点として欠かせない存在に。持ち上がることも出来るし、鋭い縦パスやロングフィードも配給できるので得点シーンを見返すと実は安藤からだったというシーンは多くあった。

一方守備面では他の選手同様に対人守備での危うさがあったので、彼に限らず守備時にストッパーとしての役割が出来る選手がいれば違った結果にもなったかもしれない。

あと、右SBで偽SBやるのは良いのだが、中盤でボール奪われて空いたスペースを狙われるのは勘弁して欲しかった。

 

 

 

・17 牟田 雄祐 先発4試合(+天皇杯1試合)

  今季の守備の要になると予想していたのだが、開幕から全く使われず後半戦に入り何試合かチャンスを貰ったものの大きなアピールをすることが出来なかった。チームとして調子の悪い時に起用されたので不運な面もあるが、最終ラインでボールを持った時におっかなびっくりでは京都のCBとしてやっていくのは厳しい。

契約満了組だがJ2で欲しいチームはいると思うので、心機一転頑張って欲しい。

 

・24 増川 隆洋

 今季はなぜか契約延長したが出番無し。予想通り先日契約満了を発表。

来季はカテゴリー落としてでも現役続行なのだろうか。

 

 

・25 上夷 克典 先発11試合/途中出場1試合

 ルーキー開幕スタメン組の一人。選手層の薄い右SB等もこなし順調に経験を積んでいたのだが5月に練習中に負傷し、その後は出番を失うことに。終盤には本多の負傷なども影響し再びCBとしてスタメンを奪還した。

相手のファーストプレッシャーを越えて持ち運ぶ様を見ているとリヴァプールに来たばかりのマティプを彷彿とさせるドキドキがある。彼は守備面での強度が上がりスタメンに定着していったので、上夷もやはりまずは対人守備の向上が先決か。

来季はスタメン定着に期待。

 

 

・26 下畠 翔吾 先発2試合/途中出場1試合(+天皇杯1試合)

 アカデミー世代最古参も、出番の少ない厳しいシーズンに。ある程度予想はしていたが、契約満了を発表。サンガアカデミー出身の選手が試合に絡めず毎年下位カテゴリーに移籍していくのは見ていてつらい。田村のようにJ3のチームに行って試合に出て得点を決めている選手もいるので、まだまだやりようはあるとは思うが。。。今季はブラジルやJ3にレンタルしている選手もたくさんいるので、彼を筆頭に結構人員整理がありそう。

 

 

・27 冨田 康平 先発4試合/途中出場4試合(+天皇杯1試合)

 驚きの開幕スタメンもあったが、結局は8試合の出場に留まった。持ち前の運動量と縦への突破を見込まれてかウイングでの起用もあったが(なぜか右サイド)、なにせ味方とのパス交換もおぼつかない足元の技術なのでボールロストが極めて多い。守備面でもSBとして起用するには強度が足りず、昨季に続いてPKを与えてしまったシーンなど軽さも目立ってしまった。もう少しフィジカル面を強化して、ウォーカー的な選手になっていってほしいなあ。

 

 

・30 石櫃 洋祐 先発17試合/途中出場6試合/2G4A

 36歳となった今季も正確な右足と豊富な運動量で右SBのファーストチョイスとなった。9月に負った右膝の負傷で離脱してから右SBを福岡や安藤が埋めることとなったのだが、やはり本職の右SBが一人しかいないのは厳しい。

庄司などと仲が良いようで、もう一年いてくれるかな。

 

2019.11.3 J1第30節 湘南ベルマーレ-ガンバ大阪プレビュー

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

 今週末はShonan BMWスタジアムにて行われるJ1第30節湘南ベルマーレ-ガンバ大阪戦を観戦予定ですので、試合を最大限楽しむ為に両チームの勉強を兼ねてプレビュー記事を書いていきたいと思います。

 

両チームともJ1残留争い真っ只中で、湘南は監督交代の影響もあり長いトンネルから抜け出せないでいる状況。ガンバは連敗こそ無いものの連勝も無くなかなか勝ち点が積み上げられていません。

湘南はJ2降格圏に転落しない為にも負けられない一戦、ガンバはJ1残留を確実なものにする為に6ポイントゲームをしっかりモノにしたいことでしょう。

上位争いではないものの、両チームの意地がぶつかり合う熱い戦いになることが予想されます。

 

 

~湘南ベルマーレ 成績~

16位 9勝4分16敗 37得点57失点 

 

25節 浦和戦 1-1 △

26節 大分戦 1-2 ●

27節 清水戦 0-6 ●

28節 川崎戦 0-5 ●

29節 横浜戦 1-3 ●

 

・チョウ・キジェ監督のパワハラ問題が発覚してからチームがバラバラになってしまい、現在4連敗中。

・前節より浮島監督が就任し、走り勝つ「湘南スタイル」は継続しつつチームの立て直しを図るという難しい重責を担うことに。

・これまで湘南の代名詞であった3-4-2-1から4-4-2へフォーメーションを変更も3失点。金子や齋藤、杉岡といった要といえる選手がベンチもしくはベンチ外で、山田や梅崎といった大黒柱となりうる選手も精彩を欠いています。後述するG大阪にも言えることですが、ベストメンバーがなかなか組めない状況です。

 

 

~ガンバ大阪 成績~

10位 8勝11分10敗 41得点43失点

 

25節 横浜戦   1-3 ●

26節 鳥栖戦   1-0 ○

27節 C大阪戦 1-3 ●

28節 札幌戦   5-0 ○

29節 川崎戦   2-2 △

 

・夏場の引き分け地獄は脱したものの、勝ったり負けたりを繰り返す不安定なシーズンを過ごしています。

 

・前節は宇佐美、アデミウソンが欠場(今節は復帰濃厚とのこと)、チームの中心であった倉田が脳震盪と左頬骨骨折の重傷。小野瀬への負担がますます大きくなっています。

 

引用:www.sponichi.co.jp

 

・宇佐美、アデミウソンで前線の守備を捨てながらも攻撃に振り切るか、渡邉と小野瀬で攻撃力を下げてでも守備もしっかり行うか宮本監督も苦悩していると思われます。(各個人のコンディションに気を遣うばかりで、対戦相手によって選手を使い分けられる状況ではない)

 

 

 

前節の両チームスタメンはこちら。

 

f:id:fulaneku:20191031114122p:plain

 

 湘南は浮嶋監督初陣となる横浜FM戦で4-4-2のフォーメーションを採用。マリノス対策だったとの見方もあるようですが、マリノスの流動的なポジショニングに対し後手に回るシーンが多く見られ3失点。自慢のカウンターも鳴りを潜め、ターゲットマンである山崎をうまく使えなかった一戦でした。

 

 ガンバは試合開始直後のロングボールから先制するものの、川崎にボールを握られると時間が経過するごとに押し込まれる展開に。逆転された後に追い付く気概は見せたのですが、チームの大黒柱であった倉田が負傷し長期離脱を余儀なくされることに。セカンドトップ、ウイングバックと運動量豊富な小野瀬を使い倒す戦術で彼に対する負担は大きくなるばかりで、過労で倒れないか心配です。。。

 

 

 <湘南ベルマーレの特徴>

 ・「縦の美学」「湘南スタイル」といった表現がされ、Jリーグファンにはおなじみとなっている縦に早いサッカーが持ち味。浮嶋監督に代わってからもこのベースとなる部分は変わらないようです。

試合開始直後から相手最終ラインのボールホルダーに積極的に前線からプレスし、相手を窒息させるようなハイテンションな守備を行います。

また、マンマークでの守備を基本にしている為、人に食い付く傾向でその背後にスペースが出来ることが多いです。

前節のマリノスはマルコス・ジュニオール、仲川、松原といったスペースを見つけポジショニングをとり、スペースに走り込める選手が多数いたので、湘南の選手たちが食い付いて空いたスペースを上手く利用してゾーン3(マリノスから見て相手陣地深く)までボールを運べていました。

 

・CFの山崎は高さと強さがあり、またゴールに向かって走り出せる万能型選手です。マリノス戦では2トップの一角でしたが、チョウ・キジェ政権時にはCFとしてボールを収めたり、受けて散らしたりして攻撃の起点になっていました。

ボール保持を目的としておらずロングボールの割合が多い湘南においてはこういったワンクッションおける選手は貴重な存在であり、シャドーの選手が走り出す時間を作り出すことが出来ます。

 

・CK時ののモンスタージャンプにご注目下さい。


【公式】ゴール動画:坂 圭祐(湘南)90+6分 湘南ベルマーレvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第21節 2019/8/3

 

私もスタジアムで見ていたのですが、これには驚きました。

身長は174cmということでそれほど大柄ではないのですが、この驚異的なジャンプ力で相手DFに競り勝って劇的勝ち越し弾を決めました。

彼がファーで待ち構えて折り返したりゴールを狙ったりするのはチームとしての約束事としているようで、セットプレーは1つ流れを変えるプレーになるかもしれません。

 

 

<ガンバ大阪の特徴>

 ・ボール保持時に金と三浦がペナルティエリア横幅辺りまで開いて矢島がサリー気味(サリーダ・ラポルビアーナ:アンカーの選手が最終ラインまで降りてくる動き)、GKの東口を含めてダイヤモンド型のビルドアップを行います。2トップの相手に対してはかなり有効で、川崎戦ではダミアン・中村からのプレッシャーをうまくかわしていました。

ただ、そこからサイドやIHの選手を使って相手の2列目を崩す動きは見られず、結局チャンスとなるのは三浦や東口といった足元に技術に秀でた選手が倉田や小野瀬の裏抜けに合わせてロングフィードを送る場合に限られます。

いわば、最終ラインのビルドアップが「ロングボールを正確に蹴られる時間とスペースを創出している」為に行われているのです。

 

 ・ボール非保持時には5-3-2の陣形を取ります。1列目の選手が宇佐美・アデミウソンコンビの場合と渡邉・小野瀬コンビの場合とでは守備の制限が全く変わってきます。

宇佐美やアデミウソンは守備を実質免除されている選手なので、ほとんど前からプレスを行うことはせず、攻め残ってカウンター待ちとなります。

渡邉や小野瀬が出場した試合は前からある程度制限をかけることができ、2列目の選手もある程度ボールの出所を予測することが出来ます。

前述したように、2トップに誰を置くかは選手のコンディション次第なところがあります。

 

・2、3列目は3-5の陣形を取ります。5-3-2のシステムでは、2列目の3枚だけでは横幅をカバー出来ず、最終ラインのWBの選手などがライン間の相手に食いつく動きが必須となるわけですが、当然食い付くとその裏にスペースが出来ます。前節の川崎の選手は中村や家長といった時間とスペースを上手く作り出す選手たちがおり、ガンバは後手に回るシーンが多く見受けられました。

 

-参考-

3-5-2のシステムで非常に面白い戦いをしているのがプレミアリーグ昇格組のシェフィールドユナイテッド。3バック両サイド(HV)のオーバーラップに注目されがちですが、ボール非保持での最終ラインを観察するのもかなり面白いです。能動的な5バック

 

 

 

<予想される試合展開>

予想スタメンはこちら

f:id:fulaneku:20191102125546p:plain

 

両チーム共に怪我人、体調不良者を多く抱える野戦病院状態ではありますが、湘南にとっては金子の出場停止明け、齋藤の全体練習合流は朗報でしょう。中盤でのボールハンターが帰ってくるようだと、前節からより一層チームとしての活気が出てくるはずです。一方のガンバも宇佐美、アデミウソンが全体練習に合流し、試合に出場は可能とのこと。明確な攻撃のアイデアが乏しいので、彼らの個の能力を上手く生かしたいところです。

 

 おそらく湘南は試合開始直後から全開プレスでガンバのビルドアップを阻害してくるでしょう。私はガンバのGK+2CBに湘南は1トップ2シャドーの数的同数でプレスしてくるものと予想します。ガンバは川崎戦のように時間に余裕がある状態でロングフィードを送る機会が減ります。小野瀬のポジションにもよりますが、WBでの出場ならば右サイドへのフィードが当然多くなります。セカンドトップのポジションならばダイアゴナルなランも見せる事が出来ますが。

湘南が明確なボール保持からビルドアップを行わないことを前提とすると、ガンバサイドとしてもFWの選手から制限をかけるメリットが薄いので攻撃に特徴のある宇佐美やアデミウソンを使う方が効果的と考えることも出来ます。

この辺りは、予想して実際はどうなるかという楽しみに繋がりますね。

 

湘南はホームですし前節で取り戻したスタイルを継続し、ガンバを試合開始から窒息させることが出来れば先手を打つことが出来ます。

「縦の美学」をホームで表現することが出来るでしょうか。

OWL Forestの仲間であり、ベルマーレサポーターであるしゅんさん(Twitter@SBFC9_Shun18)によりますと、浮嶋監督は育成年代の監督時代には知将と呼ばれ、試合中の修正能力に秀でていたとのこと。相手との噛み合わせが悪くなった時や後半の運動量が落ちてくる時に、どのような修正をしてくるか興味深いところです。

 

ガンバは勝てば残留へ大きく近付きます。チームの中心だった倉田不在で小野瀬にかかる負担が大きくなっているのは確かですが、湘南のようなはっきりしているチームには、ガンバもシンプルに前へと攻撃したいところです。

 

やはり、行ったり来たりのスピーディな展開となりそうですね。

 

 

J1残留へ向けた大一番、平塚でどのような結末を迎えるでしょうか。

 

 

 

では、また。

 

 

Twitter:@fulaneku49