スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

2020.1.1天皇杯決勝ヴィッセル神戸-鹿島アントラーズプレビュー~新国立のピッチに初めてシャーレを掲げるのはどちらか!?~

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

今回は新しくなった国立競技場のこけら落とし試合となる天皇杯決勝のプレビューを書いていきたいと思います。

 

 

ヴィッセル神戸のリーグ戦及び天皇杯成績

・リーグ戦8位

14勝5分15敗 61得点59失点 勝ち点47

 

第32節 セレッソ戦(ホーム)1-0○

第33節 鹿島戦(アウェイ)3-1○

第34節 磐田戦(ホーム)4-1○

 

・天皇杯

最高位:ベスト4(2000年、2017年)

 

2回戦 北九州戦(ホーム)4-0

3回戦 大宮戦 (アウェイ)4-0

4回戦 川崎戦(ホーム)3-2

準々決勝 大分戦(ホーム)1-0

準決勝 清水戦(ホーム)3-1

 

 

f:id:fulaneku:20191230131735p:plain

2019.12.21 天皇杯準決勝 清水エスパルス戦 スタメン

 

・シーズン途中から採用している3-3-2-2(3-5-2)のシステムで、最終ラインと中盤はほぼ固定。前は準決勝では田中と古橋の2トップだった。ビジャは清水戦をコンディション不良で欠場したが、引退試合となる決勝には間に合うとの報道が。他にも、ポドルスキ、藤本や小川らも控える。

・YouTube動画が話題となっている那須もこの試合限りで引退。出場はあるだろうか。

・最近の試合では攻撃陣が好調で、複数得点を奪って勝利する試合が多い。

 

 

<攻:自陣でのビルドアップ>

神戸はバルサ化を進めていく上で(進んでいるのか?)ゾーン1での自陣からのビルドアップについてはかなり精度が良くなっている。

まず、GK飯倉は夏にマリノスから加入。夏に退団したキム・スンギュとはタイプが違うが、DFライン裏のスペースや縦パスやフィードを自信を持って選択出来るところは神戸に合っている。

DFラインはベルギー代表フェルマーレンを筆頭に、大崎とダンクレーが並ぶ3バック。3人ともボールを持った時に広い視野でピッチを観察し、縦横にパスを送ることが出来る。清水戦は相手がドウグラスの1トップだったため、お互いが横に大きく開いてフェルマーレンがドウグラスの左脇でボールを受けてファーストプレッシャーラインを越えて行くシーンが多く見られた。

最終ラインで数的優位が作れている場合は、無駄にパスを回さずドリブルで持ち上がる判断の出来るCBが揃っているのは心強い。

 

ただ、飯倉含め持ちすぎて詰まってボールロストするというポゼッションチームの宿命には気を付けたい。

おそらく鹿島はある程度前線からプレッシャーをかけてくる事が予想されるので、相手2トップに対して、3CB+GKでかわしていくことが出来るかは1つ注目ポイントである。

 

また、攻撃の起点となるアンカーのサンペールを消してくる相手には、インサイドハーフのイニエスタや山口が降りてきてパスを受けるシーンが目立つ。

自陣からセンターサークル付近ではしっかり数的優位を作りながらフリーの選手にボールを送る意識が徹底されており、またそれを遂行できる技術を持った選手が揃っている。

 

清水戦ではフェルマーレンが持ち上がって左サイドから攻撃を開始する場面が多く、酒井のコンディションも良いこともあっていくつも左サイド深い位置まで侵入出来ていた。

 

f:id:fulaneku:20191230131701p:plain

 ※注

HV(ハルプフェアタイディガー,HalbVerteidiger):3バックの左右に位置するCB。フェルマーレンとダンクレー。

WB(ウイングバック):大外のレーンに位置する選手。酒井と西。

IH(インサイドハーフ):2列目の真ん中に位置する選手。イニエスタと山口

 

<守:最終ラインはマンマーク>

守備時は5-3-2の形になって、特に注目すべきは最終ラインの5枚の守備対応のところ。中盤の3枚では4-4-2の相手に対してスライドしきれないところが出てくるので前へ食い付く必要があるのだが、相手SHに対してWBが対応するだけではなく、CBの3枚の選手が中央のフォワード、トップ下の選手に対してマンマークでの守備対応を行っていた。

清水戦では、フェルマーレンは金子、大崎はドウグラス、ダンクレーはドゥトラにマンマークし、一列前へ飛び出しての守備も厭わないといった対応。相手を自由にさせない反面、その空けたスペースに走られて裏を突かれるリスクもあり、この辺りはあまりチームとして整理されているというよりは、個人の1対1の能力任せに感じられる。

 

鹿島はサイドチャンジやポジションチェンジなどを有効に使い、相手の最終ラインにズレとギャップを生み出して深い位置まで侵入することが求められるだろう。

 

 

<フリーマン古橋>

古橋はフォーメーション上は2トップの一角であったが、攻守にわたりかなり自由な振る舞いをしている。

攻撃時は中盤まで降りてきてボールを受けたかと思えば裏抜けの動きも行う。右サイドばかりというわけでもなく、左サイドにも頻繁に顔を出す。

一方、守備時にはファーストディフェンダーとして相手のパスコースを消すポジショニングを守るというよりは、最終ラインまで猛烈スプリントで戻ってボールホルダーへとアタックするシーンが多くあり、彼の豊富な運動量があってこその役割となっている。(もしかしたら、あまりポジションを守れと言われていないのかもしれない。)

経験を積んだ選手が多くいる神戸の中で自由に走り回る古橋は異質な存在であり、ある意味今の神戸にはこういった選手も必要なのかもしれない。

 

 

 

鹿島アントラーズのリーグ戦及び天皇杯成績

・リーグ戦3位

18勝9分7敗 54得点30失点 勝ち点63

 

第32節 広島戦(アウェイ)0-0△

第33節 神戸戦(ホーム)1-3●

第34節 名古屋戦(アウェイ)1-0○

 

・天皇杯

最高位:優勝5回(1997年、2000年、2007年、2010年、2016年)

 

2回戦 北陸大戦(ホーム)3-1

3回戦 栃木戦 (アウェイ)4-0

4回戦 横浜FM戦(ホーム)4-1

準々決勝 Honda FC戦(ホーム)1-0

準決勝 長崎戦(ホーム)3-2

 

 

f:id:fulaneku:20191230134004p:plain

2019.12.21 天皇杯準決勝 V・ファーレン長崎戦 スタメン

 

・夏にごっそり主力を抜かれて以降、得点力不足に苦しんでいる。複数得点を奪って勝利したのは長崎戦が久々であったが(しかし流れの中では得点が生まれていない。)得点後にすぐ失点するなど脆さが拭えない。

・大岩監督は今季限りでの退任が既に発表されている。優勝して報いることが出来るか。

・守備の要であるチョン・スンヒョンは全体練習に合流した模様。クォン・スンテは退団の噂もあり、出場するかどうかは不透明。

 

 

<攻:サイドからクロスを狙う>

鹿島の攻撃はレオ・シルバを中心にボールを左右に動かしペナルティエリア横の深い位置まで侵入して崩すことを狙いとしている。中には伊藤や土居といったクロスに対しピンポイントで合わせられる選手がいるので、サイド攻撃からクロスの割合は高い。

また、長崎戦ではセルジーニョが右SHに入ったが、彼はフォワードとしても振る舞うことが出来るタイプなので、伊藤が右に流れてセルジーニョが中に入るポジションチェンジを行うシーンも見られた。(土居が右に流れるシーンもあり、伊藤、土居、セルジーニョのローテーションは状況に応じて違和感無く出来ていた。)

長崎はサイドを狙う鹿島に対してレーンを埋める3バック(守備時は5バック)を採用。ただ、想定内といった様子で後ろに重くなりがちな5バックの手前でボールを受けて展開して打開を図っていた。

ただ、長崎戦では流れの中から得点は生まれず、選手にぶつかってのこぼれ球やオウンゴール、セットプレーによるものであった。

神戸の守備陣は人に対するアタックが強い傾向にあるので、簡単にDFラインの手前でボールを保持する展開にはならないであろう。鹿島が得意とするサイドチェンジを用いながら、相手を縦横に間延びさせ空いたスペースに伊藤や土居が走り込む中でシュートシーンを作っていきたい。

 

 

<守:前線からのプレスと軽い最終ライン>

鹿島は守備時も4-4-2のブロックを形成。2トップが早い段階からプレスを開始してボールホルダーへプレッシャーをかける。 それでもハマらない時はレオ・シルバがプレスにいきながら制限をかける。

気になったのは白崎や町田のいる左サイドで、長崎の左WB米田を白崎が見るのか町田が見るのか曖昧になっていた。(右サイドも同様)前半は食い付き過ぎてスペースを空けてしまうシーンがあり、後半はWBの選手を見ながらボールが出てからアタックする形に変更しある程度は機能していた。

決勝の相手となる神戸も3-3-2-2のフォーメーションで両WBが攻撃時高い位置を取るので注意が必要である。

 

失点シーンは2失点とも町田-犬飼のところのギャップを使われてのところ。

 後半30分の2失点目でディフェンスラインが揃っておらず犬飼が謎に両足揃えて突っ立ってしまっている状況は、これまでの鹿島の守備統率ではあり得ないことなのだが、現実として起こってしまっている。

鹿島のキャプテンは永木でレオ・シルバと話して守備のやり方を工夫している様子はうかがえたが、ブエノ-犬飼のセンターラインと本職CBの町田の連携に不安がある面は拭えない。

 

<ここ一番での勝負強さ>

常勝軍団である鹿島の勝負強さ・・・というプレビューにあるまじき全く定量的でなく再現性からかけ離れた論調なわけだが、やっぱり鹿島がこれまで数多くのタイトルを手にしてきているのは事実。

もし先制するような展開となると、早い時間から試合を殺しにいくことが出来るのが鹿島である。

 

 

~予想される試合展開~ 

 

予想フォーメーションはこちら。

f:id:fulaneku:20191230134854p:plain

ヴィッセル神戸:3-3-2-2、鹿島アントラーズ:4-4-2

 

神戸がボールを保持して、鹿島がカウンターを狙う構図になることは容易に想像出来る。神戸はビジャが復帰し、ワントップにする形もありえるか。鹿島はチョン・スンヒョンがスタメンに復帰出来るか気になるところ。ただ、負傷者や病人が多数いるとの報道もあるので、スタメンはまだ分からない面もある。

抜群の得点力を誇る神戸に対し鹿島は先制されると厳しくなるので、キックオフ直後の守備対応は一層の注意が必要である。

神戸の得意な左サイドを鹿島は抑えることが出来るのかに注目したい。

 

リーグ終盤戦の戦いぶりから神戸が優勢とみられるが、天皇杯の経験が豊富な鹿島も侮ることは出来ない。

 

新国立競技場のこけら落としとなるこの試合にシャーレを掲げるのはどちらのチームとなるだろうか。

 

 

cf) 鹿島大丈夫かな。。。

引用:www.nikkansports.com

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

追記:今回のフォーメーション図作成にあたり、

TACTICALista betaを使用しました。(https://beta.tacticalista.com/

football tacticsに代わる新たな作成アプリとして今後も重宝させていただきます。

Jun Kanomata(Twitter:@jun_kanomata)さん、ありがとうございます。

 

京都サンガF.C.2019シーズンレビュー(MF、FW編)

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

前回はシーズンレビューGK、DF編を書きました。

 

 

今回は、MF、FW編です。

 

 

<MF>

・7    レナン・モッタ 先発3試合/途中出場5試合(+天皇杯1試合)

 ドリブルとパスの配給能力に優れた選手という触れ込みで加入したものの、今季のサンガには同型の選手が数多くおり大きなインパクトは残せなかった。近年の外国籍選手を見て思うのは、ちょっとケチりすぎなのではないかと。高年俸選手が上手くさばけなかったりしているのもあって助っ人にお金を積めていない。

来季は更に同型の谷内田も加入するので、契約更新は無いような気がしているが。

 

 

・8   重廣 卓也 先発20試合/途中出場9試合/2G

 開幕前の予想通りインサイドハーフとして前半戦はチームに活力をもたらす存在となた。後半戦に入りめっきり使われなくなったのが不可解である。コンディション面で問題がある時期もあったようだが、何ヶ月もベンチ外なのは解せない。ジュニーニョほどではないが、彼もちょっと動きすぎな面があるのでそこが改善点。

ハードワーク出来る強みを上手く発揮させてあげたいところ。

他に獲得したいチームはたくさんあると思うので、動向が気になる選手である。

 

※某サンガサポーターさんより9月頃にピッチ外でひと騒動あったとの事。全然知らなかった。。。規律を重視する中田監督の下で、そういった問題が複数起こるのは残念。

 

 

・10 庄司 悦大 先発38試合/途中出場2試合/2G1A

 チームの要となるアンカーのポジションでゲームメイカーとしての力を存分に発揮。昨年と打って変わって、庄司が活躍出来るチームになったことは彼にとっても本当に良かった。相手が研究してアンカーへのパスコースを切ってくるのは当然の対策なのでしょうがないとして、パステンポがワンステップ遅いところを狙われてボールをかっさらわれるシーンが何度かあったのは気になるところではある。被カウンター時の守備対応に難のあるサンガで狙われるポイントとなってしまった。

年齢的にも30歳となりもう一度J1にチャレンジするか否かが問われるオフとなりそう。

 

 

・11 湯澤 洋介 途中出場4試合

 サイドアタッカーの人材は揃っている中で、なかなか良さが出せずに今季も不完全燃焼。サイドの選手といえどももう少しゴールに対する執着を見せて欲しい。

 

 

・14 仙頭 啓矢 先発30試合/途中出場6試合/10G7A

 持ち前のゴール前での正確なシュートに加えウインガーとして縦への突破する能力も格段に上がり、自身初の二桁ゴールを記録。ゲームキャプテンとしてチームを引っ張る存在にもなり、京都を代表する選手へと成長してくれました。

京都橘出身の選手がこうして活躍するのは、クラブにとって、京都にとって素晴らしいことです。

J1クラブからのオファーは来ていることも想定され、ステップアップしてもなんら不思議ではない。

 

試合終盤の決勝点は何度観ても興奮するなあ。


20191116京都サンガFCvsジェフユナイテッド千葉 仙頭値千金先制ゴール

 

ゴールした瞬間の監督のジャンプ可愛いな・・・

 

・18 望月 嶺臣

 唯一のチャンスだった天皇杯の直前に軽い怪我をしたことで、完全にチャンスを失った。サンガは契約満了となったが、子供もいるしまだまだ頑張れ!

 

 

・20 ジュニーニョ 先発10試合/途中出場10試合/2G3A(+天皇杯1試合)

 圧倒的な運動量で守備時には特に貢献度が高いのだが、なにせ止める蹴るの技術が怪しく、動き回りすぎて相手にスペースを与えてしまうという本能系サイドプレーヤー。

彼に我慢を覚えさせたら一皮剥けると思うのだがどうだろう。

FC大阪からの加入なので外国籍選手の割には年俸はそこまで高くないと推測されるので、金銭面は契約の支障にはならないだろう。

 

 

・22 小屋松 知哉 先発42試合/9G6A(+天皇杯1試合途中出場)

 J2No.1ウインガーとしての地位を確立させた素晴らしいシーズンとなった小屋松。サイドで相手を引き付けてかわすのがもうデフォルト状態に。相手に研究されてからはたてへの突破が減り、特に相手が1人より2人いた方がかわしやすいらしく、相手のSB等にマンツーマンでつかれると意外と苦戦していた。

中でプレーする経験もした上で終盤戦はもう一度サイドをえぐる攻撃を見せ、怪我無くシーズンフル稼働したのは彼にとって大きな財産になったと思う。

 

引用:www.soccerdigestweb.com

 

爆速ゴール


引用:【公式】ゴール動画:小屋松 知哉(京都)85分 京都サンガF.C.vsレノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ 第15節 2019/5/25

 

神戸から獲得オファーがあったそうだが、本当だろうか。

普段の練習環境含め小屋松もここから更に成長する余地はあると思う。古橋を見ていると、ほんと普段誰とどのような練習をするのが大事か実感する。

 

 

・29 中野 克哉 先発4試合/途中出場5試合(+天皇杯1試合)

 彼も開幕スタメンルーキーの内の一人。仕掛ける積極性やドリブルは確かなものを持っているのだが、いかんせんゴールを奪う怖さが無いのが致命的。シュートを打ってもほぼふかしてしまうという。。。

ウインガーとしてやっていけるだけの素質はあると思うので、この冬で一回り大きくなってほしい。

 

 

・31 福岡 慎平 先発33試合/途中出場3試合/2G2A(+天皇杯1試合途中出場)

 高卒一年目にあたるシーズンながら、IHと右SBをそつなくこなす働きでチームを支えた。ホーム最終戦だった千葉戦で前半は為田にチンチンにされてどうしたものか、、、と思っていたら、後半に入り守備面で縦を切る修正と攻撃では積極的なオーバーラップから仙頭の決勝点をお膳立てした姿は印象的であった。あの試合は彼の修正能力と成長が存分に出たなあ。どちらかというと攻撃面で良さが出せる選手なので、前目のポジションで使ってあげたい。

アウェイ東京V戦のゴールも自主練習の賜物で、彼の成長意欲を持ってすれば更に怖い選手になれる。

あとは身体の強さを上げて京都のカンテに・・・

 

 

・32 上月 壮一郎 先発1試合/途中出場2試合

  シーズン開幕前の疲労骨折の影響もあり、なかなか試合に絡むことが出来なかった。来季に期待。

 

 

・41 金久保 順 先発20試合/途中出場2試合/2G2A

 相手のライン間で受ける動きやゴール前への侵入で違いを生み出せるプレーヤー。前線には若手選手が多い中、確かな技術で落ち着きをもたらしてくれた。

攻から守のネガティブトランジションのところでチームの意図を感じ取って意識的に動けていたのも良かった。

ゴール前では誰もがシュートを打ちたくなるんだけど、彼がスルーしたおかげでその後ろの選手がゴールを決めることが出来たシーンが幾つもあり、クロスに対する侵入で再現性の高い攻撃が出来ていたのは彼がいてくれたおかげである。


引用:【公式】ゴール動画:一美 和成(京都)52分 栃木SCvs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第8節 2019/4/7

 

 

・44 中坂 勇哉 先発1試合/途中出場6試合/1G

 ヴィッセルより今夏加入し何試合か出場したものの、印象に残ったプレーは正直無い。

 

 

・50 藤本 淳吾 先発1試合/途中出場7試合

 近年ちょくちょく出ていているガンバとのコネクション。ウイング、インサイドハーフ共に出来る選手であるが、既存の選手を脅かすには至らず。

夏の補強で後手を踏んだのが結構痛手だった。資金の潤沢でない水戸が夏にあれだけ補強してスタメンを奪った選手がいるのを見ていると、「自分が成長していけるか」をどれだけ感じ取ってもらえるかが重要だと感じる。金満クラブじゃないので。

 

 

<FW>

・13 宮吉 拓実 先発21試合/途中出場5試合/4G3A(+天皇杯1試合)

 帰ってきた京都の至宝はキャプテンとしてチームを引っ張って行く存在となるべくシーズンをスタートさせたが、4G3Aは本人にとっても我々サポーターにとっても満足いくものではなかった。本来彼は2トップの一角で起用するのがベストなのだが、CFは身体の強い一美がスタメン(ボールをさばく動きも出来る)、ウイングで仕掛けていくタイプではない、インサイドハーフだとゴールから離れた位置でプレーしたり守備もしなければならず、なかなか彼の強みを出し切れなかった。一番前で勝負したくて京都に帰ってきたのだが、試合に出る為に1.5ないし2列目で出ることも受け入れた形になった。

京都を象徴する選手になって欲しいと期待するサポーターも多いので彼にかかるプレッシャーも大きいとは思うが(私もその一人)、来季はもっとたくましくゴールに貪欲に闘ってほしい。

全然関係ないけど、ミヤのユニフォームを着て走った京都マラソン2019にて、同じ背番号を背負ったランナーに声を掛けられたのが忘れられない。スタジアムに行っても一番よく見るのが13番。期待を結果に変えてほしい。

 

 

・19 大野 耀平 先発3試合/途中出場7試合/1G(+天皇杯1試合途中出場)

 シーズン序盤はスタメン出場もあったが、一美の台頭もあり出番は限られた。上背があるので勘違いしやすいが、意外と裏抜け系フォワードなのでフィジカルを生かしてボールキープは苦手である。来年もCFを置くシステムなら、彼の出番は限られるか。

 

 

・23 一美 和成 先発27試合/途中出場9試合/17G4A

 今季のベストサプライズといえばこの人。ガンバから育成型期限付き移籍で加入し、身体を張ったキープ力とゴールを積極的に狙う姿勢はチームNo.1、これが見事に17ゴールと結果にも結び付き、J2でも有数のストライカーへと成長した。

ボールを受けてはたくプレーなんかはすごく上手いのだけれど、ちょっとゴチャつくところでの不器用さなんかも応援したくなるポイント。 身長の割りにヘディングが得意ではないので偽9番的な動きやサイドへ流れる動きをやらせた方が生きるのは意外な発見であった。

ガンバはFWに外国籍選手とエース宇佐美を揃え、唐山がトップ昇格に加え呉屋も長崎で22得点とストライカー渋滞が起きているので

ぜひとも、一美はこちらで買い取らせて頂きたい。

 

 

・39 エスクデロ競飛王 先発1試合/途中出場11試合/1A(+天皇杯1試合)

 2016シーズンのゴリブルはどこかへ行ってしまったようで、特にボールを持ち運ぶこともキープすることも出来ずインパクトのあるプレーが見られなかった。

明らかにオーバーウエイトで90分動ける身体ではなく、最も注目されたのがピッチ外での行動だったのは残念。

割と高年俸のようで今季減俸を受け入れたかは定かではないが、どのみち契約満了が既定路線か。

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。