スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

京都サンガF.C.2020選手名鑑(MF、FW編)

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

京都サンガF.C.2020選手名鑑、今回はMF、FWです。

 

前回のGK、DF編はこちら。

www.superhardwork.com

 

 

MF

#7 レナン・モッタ 2019シーズンリーグ戦:先発3試合/途中出場5試合

 チームの調子が悪くなってきた夏以降にアンカーとしてチャンスを与えられ、ゲームメーカーとしての一定の役割は果たした。時折見せる縦パスのセンスなど光るものも持っているが、やはり外国人選手としては物足りない。日本にも馴染んできただろうし、契約延長したからには庄司を脅かす存在になって欲しい。

 

#8 荒木 大吾 →ジュビロ磐田(完全移籍)

  両翼をもがれたサンガにとって急務となったウイング補強。白羽の矢が立ったのは、左サイドから切り込んでいくドリブルを得意とする荒木。ジュビロでも出場機会はそこそこ得ていたが、心機一転覚悟を決めてサンガにやってきてくれた。終了間際に得点を決める勝負強さや川又相手にもPKキッカーを譲らない精神力も併せ持つ。意外と(失礼?)胆力のある選手のようで、こういう戦える選手は個人的に好感が持てて応援したくなる。

 


引用:荒木 大吾、ジュビロ磐田をJ2降格の危機から救う劇的PK弾!(2019 札幌vs磐田)

 

#10 庄司 悦大 2019シーズンリーグ戦:先発38試合/途中出場2試合

  昨季から10番を任された不動のアンカーは、中盤の底からサイドチェンジや攻撃の始点となるパスを配給しチームを支えた。チーム随一の視野の広さから繰り出されるパスには、観ている我々も驚かされることが多い。ボールの配給役なので状況によっては玉離れが遅れることもあり、そこを狙われてショートカウンターを受ける場面には気を付けたい。石櫃とは(田舎の)ヤンキー感のある仲良しコンビである。

 

#11 曽根田 穣 →ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)

 昨季アウェイでゴールを決められた曽根田をトラウマ補強!攻守に渡りハードワークでき、狭い局面を個人でもユニットでも打開できる器用さがある。ゴール前に飛び込むタイミングも抜群で、同じく甲府から加入したウタカとの連携でも得点の期待が持てる。1.5、2列目は俺のものだ!と言わんばかりに年間を通して活躍してもらわないと困る選手。

 


引用:【公式】ゴール動画:曽根田 穣(甲府)32分 ヴァンフォーレ甲府vsファジアーノ岡山 明治安田生命J2リーグ 第24節 2019/7/27

ウタカも、(横谷も)、曽根田も上手い。。。

 

#14 中川 風希 →横浜Fマリノス(完全移籍)

 昨年後半の苦しい時期にインサイドハーフで台頭する選手がいなかった昨年のサンガ。スペインでもプレー経験のある中川は一昨年の琉球(当時J3)で32試合16G。昨年シーズン開幕直後にマリノスに移籍してからは出場機会に恵まれず。J2の舞台で再起を誓う。プレー集を見ていると、逆足である左足でのシュートも結構決めているので、左右両方でゴールを狙えるのはかなり魅力的。確かな技術を武器に中央でのプレーを見てみたいが、今季の編成を鑑みるとウイングでの起用もあり得るか。

 

#17 ジュニーニョ 2019シーズンリーグ戦:先発10試合/途中出場10試合

  圧倒的なスプリント力と運動量を誇るウインガーで、特に守備の時は敵味方のポジションに関係なく猛烈スプリントを行う。もちろんそれで相手が窒息する場合もあるが、かわされてスペースがら空きなんてことも。。。ある種「異物感」のある選手である。足下の技術は少し物足りないのでユニットでの崩しよりもスペースのあるサイドのウイングポジションが合っている。守備時の対応は怪しいので、3-4-2-1だと適性ポジションが無さそう。モッタにもいえるが彼もブラジリアンながら寡黙な選手なので、森脇などと馴染めているか心配である。

 

#22 谷内田 哲平 →帝京長岡高校

  新潟県勢で初めての選手権ベスト4入りを果たした帝京長岡高校のキャプテン。1月2日の熊本国府戦を観に行ったのだが、ボールを散らして展開していく技術はもちろん高いのだが、最も印象的だったのはゴール前への飛び出し。クロスに対する飛び出しのタイミング、相手のDFラインの背後を突いたハーフスペース突撃など、やはり「京都のデ・ブライネ」となり得る選手である。アンカーやボランチよりもインサイドハーフ、シャドーが適正だろう。同ポジションにライバルは多いが、フィジカル面で逞しくなって一年目から出番を掴んでほしい。

 


引用:谷内田哲平 プレー集|帝京長岡高校→京都サンガF.C.|Teppei Yachida 2019-2020

 

#24 川崎 颯太 →京都サンガF.C. U-18

  サンガ公式HPによると、攻守に渡りボックストゥボックスでのダイナミックなプレーが持ち味の選手とのこと。インサイドハーフが主戦場となる選手で良いお手本となる選手は多く在籍しているので貪欲に学んで成長して欲しい。

 

#27 山田 楓喜 →京都サンガF.C. U-18

  正確な左足を武器にスルーパスやフリーキックなどのチャンスメイク、さらにはゴールへの姿勢にも優れた選手とのこと。川崎同様プレーをしっかり観たことがないのでなんとも言えないが、まずは練習やTM等でアピールしていくことからになるだろう。

 

#29 中野 克哉 2019シーズンリーグ戦:先発4試合/途中出場5試合

  縦への推進力と右サイドから内側へ切り込んでいくドリブルに秀でた選手。昨季は主に右サイドのウイングポジションだったが、左利きなので左サイドでも見てみたい。パスセンスはあるがゴール前でのチャンスはことごとくふかしてしまうので、今季こそプロ初ゴールを決めて精神的にも落ち着きたい。

 

#31 福岡 慎平 2019シーズンリーグ戦:先発33試合/途中出場3試合

  インサイドハーフとしてだけでなく手薄だった右サイドバックとしても多くの経験を積んだ19歳の若武者。ネガティブトランジションでの即時奪回や狙いすましたシュートスキルなど、攻撃面において大きく成長した。将来の海外挑戦を見据えスペイン語を勉強しており、貪欲に学びを得る姿勢も素晴らしい。ボール奪取能力を向上させ、京都のカンテとしての称号を欲しいままに。

 

#32 上月 壮一郎 2019シーズンリーグ戦:先発1試合/途中出場2試合

 昨年1月に左けい骨を骨折して昨季前半はリハビリに費やし、試合に絡んだのは中盤戦以降。右サイドバックを経験したりと、本来のウイングポジション以外での起用もあった。元々縦に突破する能力は優れているだけに、守備対応が改善されればサイドバックやウイングバックとして起用するのも面白い。身長があるのでGKからのフィードの逃げ道となれる点もメリットである。

 

#36 荻野 広大 →ロンドリーナEC (期限付き移籍より復帰)

  ブラジル2部クラブでの武者修行より復帰。京都ではリーグ戦出場ゼロで年齢的にも若くはないので、後が無い状況。試合に絡むのは厳しいと思われるが、地道にアピールをしていってほしい。

 

#41 金久保 順 2019シーズンリーグ戦:先発20試合/途中出場2試合

  独特のプレーリズムから繰り出されるパスやゴール前への飛び出しが秀逸で、数々のチャンスを創出できるプレーヤー。自身はそこまで得点を決めるプレーヤーではないのだが、彼がスルーしたボールがそのすぐ後ろにいる味方の選手に繋がり得点となるシーンが目立った。ボールが来る前に状況認知が優れている証である。

 


引用:【公式】ゴール動画:仙頭 啓矢(京都)17分 京都サンガF.C.vs大宮アルディージャ 明治安田生命J2リーグ 第23節 2019/7/20

 金久保だけじゃなく、みんな良いね。w

 

<寸評>

 インサイドハーフ、シャドーの選手層は曽根田、中川の補強によって厚みを増すことが出来た。小屋松と仙頭が抜けた両ウイングの穴埋めは物足りないが、荒木や中野の成長で何とか。。。ボールハンターとなるファイタータイプの中盤の選手がいないのが昨季から続く懸念材料で、中央からの被カウンターをどう食い止めるかは注視する必要がある。

 

 

FW

#9 ピーター・ウタカ →ヴァンフォーレ甲府(完全移籍)

 J1で86試合36G、J2で58試合26Gを決めている実績十分のストライカーが加入。身体を張ったポストプレーで数々のチャンスを創出し、個人でゴールを決め切る力強さは未だ衰え知らず。意外にもスラっとした体形で、今季36歳となるのだが一瞬のスピードは光るものがある。ワントップ筆頭で良くも悪くもウタカのチームになるだろう。依存しすぎないチームになれるか。

 


引用:ピーター・ウタカが語る「大切なことは何よりも“笑顔”」|外国籍Jリーガーが語るJAPAN 日本サッカー強化への提言 Vol.5

笑顔素敵。

 

#13 宮吉 拓実 2019シーズンリーグ戦:先発 21試合/途中出場5試合

  帰ってきた京都の至宝は昨季4G。フォワードとして一番前でやりたいと帰ってきたものの、主にインサイドハーフでのプレーとなった点でも少し不満の残るシーズンだっただろう。復帰2年目となる今季もセンターフォワードでのプレーを最優先で狙っているだろうが、相手を背負ってのプレーが得意でないことから、やはり2列目でのプレーも受け入れざるを得ないか。2トップならば居場所はあるものの、今季もあまりやらなさそうだし。彼がゴールを決めた時のスタジアムの盛り上がりは格別なので、昨季以上を期待しています。

 

#18 野田 隆之介 →湘南ベルマーレ(完全移籍)

 体格の良さから最前線で起点となるのが一番の特徴かと思いきや、実は2列目からのレイオフやゴール前へ入り込む動きが得意なプレーヤー。FW登録ではあるが、シャドーやインサイドハーフでの起用が基本となるのではないか。個人的に湘南時代のチャントがお気に入り。

 


引用:2018.5.19 湘南ベルマーレ 野田隆之介 コール大合唱

 

#20 李 忠成 →横浜Fマリノス(完全移籍)

 ACL、J1、天皇杯、Jリーグカップを制したタイトル請負人が14年ぶりにJ2の舞台に。残るタイトルはJ2優勝だけ、と本人の意気込みも高い。2011年アジアカップの決勝弾ボレーがあまりにも鮮烈だが、前線からの守備も欠かさず行えるのも心強い。ワントップだけでなく、シャドーでの起用も多くありそう。SNS等で京都に対する想いを常々発信しており、この辺りのセルフブランディングは流石代表経験者といったところ。向上心に溢れたベテラン選手の加入は、サンガのチーム士気向上にも一役買ってくれることだろう。

 

 

 引用:Twitter

 

#33 服部 航平 →ロンドリーナEC sub19(期限付き移籍より復帰)

 麻田同様ブラジルのU-19クラブで経験を積んでサンガに復帰。他J(?)クラブとローンでの移籍交渉があった模様だが結局サンガに留まることとなった。ワントップタイプのベテラン選手を複数人補強したので、彼らから学べることは多いはず。タイプ的に近い宮吉がいることも心強いのではないか。

 

<寸評>

 李、ウタカ、野田のベテラントリオを補強し、個の能力に優れた選手は増えた。入場料収入が増えることを見越しての補強であり、今季に懸ける意気込みは伝わる。ウタカをある程度守備免除するのならば、李や野田は前線からの守備も出来る点でアピールしていきたい。宮吉は2列目での争いとなるか。

 

 

 

 

ではまた。

京都サンガF.C.選手名鑑2020(GK、DF編)

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

 

京都サンガF.C.選手名鑑2020 GK、DF編です。

 

 

 

 

 

 GK

#1 加藤 順大 2019シーズンリーグ戦:先発18試合

  ピッチ内外でコミュニケーションを怠らないムードメーカー。昨年は天皇杯をきっかけに一時はスタメンを奪取した。スタメンでもベンチでも常に周りの選手の気遣いを忘れず、チームを鼓舞する姿勢は感服に値する。シュートストップやコーチングのスキルは清水に対して引けを取っておらず、出番もあるのではないか。

 

#21 清水 圭介 2019シーズンリーグ戦:25試合

 気付けは在籍6年目となる清水。時には実績に優れたGKが加入して試合に出られないシーズンもあったが、そこで気落ちすることなく出番を着実に増やしてきた。セービング、飛び出し、コーチング、キックの精度のどれをとってもこれと言った弱点がなくバランスの取れたGKである。昨年は後方からパスを繋ぐスタイルであったが、そつなくこなしていた。今季も守護神候補筆頭。

 

#26 太田 岳志 →カターレ富山(完全移籍)

 今季のGK陣の中では最長身で、ハイボール処理やセービング技術に優れた大型GK。私が岐阜に住んでいた時(ラモス政権)にゴールマウスを守っていたなあ、という印象はあるが、正直そこまでインパクトはない。昨年の3人に加えての加入となるのでスタメン争いは非常に厳しくなると予想される。

 

#31 若原 智哉 2019シーズンリーグ戦:1試合

 年代別の代表に選ばれるなど将来を嘱望されているGK。昨年行われた大迫や谷不在のU-20W杯では守護神を務めた。今オフは出番を求めて期限付き移籍するのでは?と思っていたが、残留してくれた。東京五輪へ向けて出場機会を得ないと代表選出が非常に厳しくなってくるので、彼にとっても勝負の一年となる。至近距離でのシュートストップは抜群のセンスがあるので、ポジショニングやロングキックの精度を高めていくことがスタメン奪取の鍵となる。

 

<寸評>

 今季も質の高い選手たちが1枠を争って、良い競争環境が確立されるであろう。加藤がいることで雰囲気も明るく、良い関係性が築けている。どの選手もセービングはピカイチで誰が出ても問題無いが、今季もポゼッションを高めるサッカーをするのならば足元の技術と判断力では清水が一歩リードしている。そこに加藤や若原、さらに太田が出番を窺う構図となるか。

 

 

DF

#2 飯田 貴敬 →清水エスパルス(完全移籍)

 サイドを駆け上がるスピードが武器のサイドバック。左右共にこなせるということだが、基本は右サイドとなるだろう。昨季限りで退団した望月とは野洲高校時代の同期にあたる。昨季の京都は右サイドバックが固定出来ず、福岡、石櫃、上夷、安藤など様々な選手が務めたが結局安定しなかった。前述した選手とは特徴が違うので、新たな競争を大いに期待したい。

 

#3 宮城 雅史 2019シーズンリーグ戦:先発6試合/途中出場1試合

 身体を強さを生かした競り合いやボール奪取に優れた選手で、主にセンターバックやボランチを務める。レノファ時代にはセットプレーから得点をよく決めていたらしいのだが、京都に来てからは得点を決めていない。ちょこちょこ怪我しがちな為出場機会が限られており、今季こそシーズンを通してスタメン争いに加わりたい。

 

#5 黒木 恭平 2019シーズンリーグ戦:先発41試合

 昨季は出場停止だった最終戦を除いてスタメン出場。一昨年夏に加入した時はなぜ?と思ったが、2018シーズン最終戦の讃岐戦で生でプレーを観た時に素晴らしい安定感のあるプレーぶりから「これは来年期待出来るぞ!」と思ったのが見事に的中して嬉しい。ボスコもあの日のインタビューですごい褒めてたし。中央のスペースに侵入してのパス交換やコースを狙ったフリーキックなど攻撃面で違いを生み出せる。一点挙げるとすれば守備対応でもう少し相手に制限をかけるところは一皮向けて欲しいが、それは欲張りすぎか。今季も子供にたくさん試合出ているところを見てもらおう。

 


引用:【公式】ゴール動画:黒木 恭平(京都)57分 愛媛FCvs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第19節 2019/6/22

What a beautiful!

 

#6 本多 勇喜 2019シーズンリーグ戦:先発36試合

 京都に来てからは左サイドバックが主戦場だったが、中田監督の下センターバックとして起用されると見事ブレイク。守備時には持ち前の身体能力を生かして相手FWを自由にさせず競り合いでも勝ち、攻撃面では相手の守備網の間を突く縦パスや持ち上がりを披露。これまでは良いプレーを見せた試合があったと思ったら次の試合では気合の抜けたプレーをしたりとムラがあったのだが、それも一切無くシーズンを通して安定感のあるプレーを見せた。サッカー選手は一年でこれほど変わるんだ、というのは昨季の京都を観ていると様々な選手から感じたものだが、本多が最も変わったのではないだろうか。左アキレス腱断裂の影響で今季の復帰は夏頃になるだろうが、早くピッチに帰ってきて欲しい。

 

#16 安藤 淳 2019シーズン先発27試合/途中出場2試合

 久々に京都に帰ってきた安藤は、主に攻撃面で違いを見せロングフィードや縦パスでチャンスを数多くお膳立てした。(攻撃面で違いを出せる選手ばかりだな。。。)ただ、石櫃が負傷してからは右サイドバックに入ることとなり、結果、より攻撃的になってしまい裏のスペースガラ空き問題が顕在化した。攻撃面でチャンスが作れなくなると彼の良さも生きなくなるので、結構苦しかったと思う。今季は基本的にセンターバックのポジションを争うことになるだろう。

 

#19 麻田 将吾 →カマタマーレ讃岐(期限付き移籍から復帰)

 2年間の讃岐修行から復帰。センターバックというポジションはなかなか高卒の若手で出番を得られることが少ないので、J2、J3で経験を積むことが出来たのは大きい。貴重な左利きの長身センターバックなので大きく飛躍してほしい。

 

#23 ヨルディ・バイス →徳島ヴォルティス(完全移籍)

 長崎や徳島で大車輪の活躍をしたJ2 No.1センターバックが京都に加入。圧倒的なフィジカル、ロングフィード、ショートパス、リーダーシップ、ヘディング、フリーキックのどれをとってもJ2では抜きん出ている。年齢的にスピードに陰りが見られるのと自分の判断で持ち上がって後ろのスペースを空けることがあるので、そこをどうカバーするかが今季の京都のキーポイントになりそう。今季の補強はウタカ然り急にJで実績のある外国人選手を獲得出来たのが面白い。新しく就任した山道強化部長のカラーが色濃く出ている。今季のユニはNo.23を購入したので、頼むよ。

 


引用:【公式】ゴール動画:ヨルディ バイス(徳島)78分 鹿児島ユナイテッドFCvs徳島ヴォルティス 明治安田生命J2リーグ 第1節 2019/2/24

キックの精度素晴らしい。

 

#25 上夷 克典 2019シーズン先発11試合/途中出場1試合

 ポゼッションスタイルを築いた昨季の京都と自身のプレースタイルがハマり、怪我こそあったもののルーキーながら11試合に先発出場。積極的に縦パスを狙う姿勢は好感を持てた。1対1での守備対応に少し軽さが見られるので粘り強く対応出来るようになると、攻守に秀でた選手になれると思う。

 

#28 冨田 康平 2019シーズン先発4試合/途中出場4試合

 縦に仕掛ける動きが魅力的な左サイドバック。中田政権下では何故か右サイドをやらされることもあったが、やはり本職は左サイドバックだろう。ウインガーとしてはさすがにボールを受けてからの仕掛けが物足りないので、前にスペースがある状況の方が生きる。止める蹴るといったところで少しおぼつかないことがありトラップミスやパスミスが多いので、まずはそこから改善していきたい。黒木の牙城を脅かせるか。

 

#30 石櫃 洋祐 2019シーズン先発17試合/途中出場6試合

今季37歳を迎える大ベテランは豊富な運動量で上下動を厭わず、右足から繰り出されるクロスは精密機械のごとく非常に正確。ここ最近は強力な同サイドのライバルがいないこともあるが、この年齢でもピッチに立ち続け衰え知らずなのは凄い。昨季負った右久半月版損傷も癒え沖縄キャンプに参加しているそうで、ひとまず安心。今季は飯田や森脇といったライバルが加入しているのでポジション争いは熾烈になりそう。

 

#35 江川 慶城 →ロンドリーナEC sub19(期限付き移籍より復帰)

 ブラジルでの武者修行より復帰。異国の地でハングリー精神旺盛な選手たちにもまれた経験は貴重なものであっただろう。復帰した今季はいきなり出番を掴むのは厳しいだろうが、先輩たちから学べることも多いと思うのでまずは普段の練習から地道に信頼を勝ち取りたい。

 

#46 森脇 良太 →浦和レッズ(完全移籍)

 日本サッカー界きってのムードメーカーが京都に加入。彼の経験値は抜きん出ているので、上手く若手選手へ継承していって欲しい。これまでの言動からもしかしたらちょっと敬遠しているサポーターもいるかもしれないが、個人的には森脇のようなアツく闘えて声の出せる選手は大好きである。センターバックか右サイドバックでの起用となるだろう。

 

<寸評>

 各ポジションに2人以上競争を確立出来る選手数となっており、レベルの高いポジション争いが繰り広げられるであろう。選手の特徴をざっと挙げたがあきらかにボールを保持している時に違いを生み出せる選手が多数おり、今季もボール保持率を高めるサッカーをすることは間違いない。守備では、バイスを中心に相手の攻撃を受けるだけでなく弾き返す力をチームとして高めていきたい。4バックでも3バックでもどちらでも対応可能な布陣である。

 

 

次回はMF、FW編です。

 

ではまた。