スーパーハードワークサッカー

京都サンガF.C.の試合レビューが中心。たまに観戦記。

2020シーズンJ2第1節京都サンガF.C.VSレノファ山口レビュー~だって相手がいるんだもの~

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

いよいよJリーグ開幕!となった直後に新型コロナウイルスの世界的、全国的な蔓延。

Jリーグは他のスポーツ団体の先陣を切って3/15までに行われる全ての試合を延期することを決めました。

その成否はここでは議論しないとして、折角リーグ戦が開幕したのに出鼻を挫かれることとなりました。

これが我が軍にとって好転すればよいのですが、相手の方が上積みしてきて別チームになっとるやんけ!となると悪夢ですね。。。

 

COVID-19が感染から発症まで2週間程度かかること、無症状でも他の人に感染させるリスクがあることを考えると、3/18に再開出来るのか不安ではありますが、今は海外サッカーや開幕戦をひたすらリピートすることで待つしかありませんね。

 

そして、私は今更ながら開幕戦レビューを書いていきたいと思います。

 

 

レノファ山口-京都サンガF.C. チームスタメン

f:id:fulaneku:20200303095424p:plain

 

サンガは今季重点的に取り組んでいる3-4-2-1のフォーメーション。ほぼPSMの時と変わらないが、ダブルボランチのところにモッタではなく金久保が入り、ボールを捌ける選手を入れた。4バックの方がスムーズだという選手の声も聞かれていたが、直前に荒木のコンディション不良があったようなので、4-3-3で戦うにはウイングの選手がいない為このシステムにしたと思われる。試合後のインタビューでも實好監督は「今調子の良いメンバーがいて、その選手たちがスムーズに戦える形をとった」 と発言しており、選手ありきでシステムを構築している事が窺える。

一方、山口はおなじみの4-1-4-1。前、三幸、菊池(流)等サンガ同様多くの選手がJ1へ羽ばたいていったが、これは山口では許容しており、抜けたポジションには若手の台頭や補強で穴埋めをする。システムありきで選手を配置しており、サンガとは正反対のアプローチである。(サンガも穴埋め補強かと思っていたのだが、どうやら違うよう。)

 

 

Kick off

昨シーズンのレビューでも書いたかと思うが、キックオフはその試合の戦い方を宣誓する非常に重要な場面だと考えている。開幕戦のキックオフはなおさらのことでシーズンの宣誓をするといっても過言ではない。バックパスから前線へ蹴るのなら前へ前へ行くぞ、キーパーまで戻すのなら繋いでいくことを厭わないサッカー、中盤の選手が味方を見て、相手を見て空いている選手を正しく選んでパスを出せるか、他の選手は相手のいないポジション取りが出来ているかといった駆け引きがキックオフに詰まっている。

 

この試合では、ウタカから金久保へバックパス、金久保から左サイドの安藤へ展開、安藤は山口の前線三人からプレッシャーを受けるものの冷静に宮吉へ縦パス。相手の動きを見ながらスペースへボールを運んでおり良い入りが出来た。

山口側から見ると、前線三人に連動して中盤と後ろの選手たちがラインの押上げがなかったことで、宮吉に対して自らスペースを与えたような形になっている。また、山口は自分たちから見て左サイドに重めに人を配置していたことからサンガは山口の右サイドを攻略しようとしており、これは山口の誘導?であったとも推測される。

Wyscoutでの平均ポジションを見ると、武岡に比べて安在はかなり高い位置をとっており、山口は左から攻める、右は受け止める、ことを狙っていたのかもしれない。(あそこでスパッといきなり縦パス入れられるのは想定外だっただろうが)

 

とはいえ、サンガにとって良い入りが出来たことで序盤は相手を押し込みながら攻撃を行えていた。

 

 

攻撃:ひたすらに裏へ

 良い試合の入りをしたサンガは前半10分足らずでいくつかチャンスを作り出す。主に最終ラインからのロングフィードがウタカに入り、そこから一気に裏に抜けるか、もしくはWBへボールを渡してサイドからクロスを狙う形。サンガは最終ラインに安藤、バイス、森脇と足元の技術に優れた選手を配置しており、ボール保持時のビルドアップでは躊躇なくボールを下げる。そこからサイドの黒木や飯田に展開してダブルボランチの庄司と金久保の近い距離でのコンビネーションで相手のプレスをかいくぐっていく狙いが見える。ただ、実際には自陣から敵陣へボールを持ち運べたシーンは殆んど無く、山口の同サイドに圧縮した守備に対して裏に走らせることで打開しようとしていた。(させられていた)前半28分頃には監督からロングボールを狙うように、と指示がかけられていることをレポーターも伝えており、ワンタッチパスの精度が高い選手が3バック+2DHに揃っているサンガではあるが、彼らの特徴と1トップ+2シャドーの選手たちの狙いが上手くハマっていないように感じられた。

前半26分15秒辺りのシーンでは、黒木がボールを持った時に宮吉、中川、ウタカの全員が裏へ抜ける動きをしており、山口の2列目と3列目の間のスペースを使おうとする選手がいない。特に宮吉とウタカは動きが被ることが多く、相手のスペースにポジショニングを取るシーンが少なかった。

 

前半26分17秒前後

f:id:fulaneku:20200303111609p:plain

 

ただ、後半10分頃のシーンでは山口の4-1-4-1の泣きどころであるアンカー脇のスペースを上手く利用することが出来、決定機に繋がった。

黒木が中、金久保が左サイド、庄司が寄ってきてワンツーからワンタッチで相手SB-CB間にいた宮吉へ縦パス。

選手を局面の中でローテーションさせながらパス回しをすることで相手のマークをずらしボールウォッチャーとなったところでスイッチを入れる攻撃が見られた。

前述したように、前半は相手のスペースを利用する攻撃が出来ておらず、後半もこれ以外に同様の狙いが見られたシーンは無く、昨季やっていたメンバーだからこその即興的な攻撃であり、この試合に限って言えば、明確に狙って行ったプレーではなかった。

 

昨季をベースにして上積みをしたいというのはどの指揮官もが口にする言葉ではあるが、PSM+開幕戦で見られた再現性はウタカのポストプレーと前線の裏抜けであり、相手の弱点を突く攻撃ではなく「俺らの強みを生かす」のが今季の京都のベースとなりそう。

 

 

オラオラ系守備

守備においては、敵陣でプレッシャーをかけるのは宮吉や中川が担当。相手のボールホルダーにプレスをかけることは出来ていたが、各個人単発でのプレスの為ボールを奪い切るところまではいかず、ヘニキまでボールが渡ることが多かった。ヘニキはいわゆる攻撃のスイッチを入れるアンカータイプではなくどちらかというとフィジカル面で強みが出せ、相手を跳ね返すことを得意とする選手である。彼にボールを受けさせることをサンガ側がどこまで許容していたのかは定かではないが、やはり中央を起点にサイドに展開されるのはなるべく避けたいので、ウタカとシャドーのどちらかでヘニキを消しながらサイドへ誘導してウイングバックがプレスをかける形へ持っていきたかった。また、ヘニキにボールが入るとプレスを行うのはダブルボランチのうちのどちらかである。距離にすると10m近くプレスを行うことも多く、さすがにこれでは相手に周りを見る余裕を与えてしまっていた。

 

f:id:fulaneku:20200303123747p:plain

 

前半14分15秒辺りのシーンではヘニキを起点にサンガの右サイドへ展開され、安在にボールが入ったところをカバーする選手が誰もいない状況であった。中川は高を見ていてスライド出来ず、飯田はいくのかいかないのか中途半端なポジション、森脇は高井をマークしていたが裏のスペースへ走りこまれて対応出来ず、バイスが結局サイドに釣り出される形となった。PSMセレッソ戦でも露呈された弱点を、山口は高井というスピードに長けた選手を配置して攻略しようと試みていた。

5-4-1の守備はリトリートしてのブロックが特徴であり、レーンを埋めてスペースを消すことが出来る。上のシーンでは少し前がかりになったところの裏のスペースを使われる形となり、特に相手WGの選手が高井のようなスピードに優れたドリブラータイプだと苦労する。セットした状態から相手のボールの位置によって前へ前へ追撃プレスするのは得意な選手たちが多いので、もう少しラインを下げる判断も必要となってくるように感じる。高い位置でボールを奪ってのショートカウンターは理想ではあるが、現状のシステムだとそれよりも、相手にボールを持たれる時間が多くなっても少し引く選択肢があっても良いと思う。

 

 

相手がいてこそのサッカー

 当たり前のことであるが、サッカーは相手がいてこそ成立するものである。相手に合わせてサッカーを行うことも重要で、開幕戦といえども相手を分析して弱点を突く戦い方をせねばならない。

試合前、實好監督は真か否か分からないが「自分達だけをみてスタメンを決めた」と発言していた。(荒木のコンディション不良など、選手選びに関して相手のことを考える余裕が無かった?)一方、山口の霜田監督は「開幕戦がほかの試合と違うのは、開幕戦だけ特別に長い準備ができる。次の北九州戦の準備はこれから1週間しかないですが、京都の準備はずっと1カ月前からやっていました。勝ち点3が取れたから言うわけではないですが、しっかり京都の選手の特徴、京都がやりたいこと、京都にやらせてはいけないこと、それをみんながちゃんと頭の中で理解して戦ってくれたと思います。」と真逆の発言を試合後にしている。PSM含め、分析と対策を入念に行い、結果として山口の勝利で終わった。

「自分たちのサッカー」とどこかで聞き覚えのあるワードが似合いそうな今季の京都は、強烈な個の力を見せつけるサッカーに傾倒していくのではないかと、いささか不安になる開幕戦であった。

 

 

まとめと今後の展望

蓋を開けてみれば、PSMで見せた戦い方をベースにしていくことを明らかにした開幕戦。前任者のサッカーから大きく変わったことを早くも受け入れざるを得ない現実に少し虚しさを覚えているのは確か。

そうはいってもシーズンは開幕し、中断期間を経て18日にリーグ戦は再開する予定である。(ホーム開幕戦チケット取っていたのだが行けず。。。しばらくホームは行けなさそう。。。)

今レビューでは〇〇す「べき」論を沢山書いてしまい、純粋なレビューから少し逸脱して申し訳ありません。

昨シーズンの13サッカーを観ていると否が応でもサッカーリテラシーが高まり、戦い方に対するサポーターの目が厳しくなっているのはTwitter等でも感じていて「こうしたらいいのに!」と不満の声がすぐに高まりそうなのは 實好監督にとって少しかわいそうなところではありますね。(気を付けます。)

 

「今年こそJ1優勝」この横断幕と共に、今シーズンも闘いましょう!

今年一年宜しくお願い致します!

 

 

<基本スタッツ>

レノファ山口 - 京都サンガF.C.

スコア:1-0

xG:0.78-0.96

シュート数:9-15

枠内シュート:4-2

CK数:1-7

ボール保持率:40%-60%

合計パス/正確数:336/254 76%-540/448 83%

 

 

 

ではまた。

京都サンガF.C.2020シーズンプレビュー

 

皆さんこんにちは、Ryu-Yです。

 

 

前回と前々回の記事で全選手のレビューを書きました。

 

www.superhardwork.com

www.superhardwork.com

 

 

2020年のプレビューをする前に2019シーズンの目標と結果について考察したいと思います。

 

2019シーズンの新体制発表での社長、監督、SDのそれぞれの目標は下記になります。(下記記事参照、一部抜粋)

引用:www.jsgoal.jp

 

伊藤社長

・この8年間J2に甘んじて順位が右肩下がりで落ちている。潜在的な経営能力、チーム強化に問題がある。

・アンダーカテゴリーでの年代別代表が多くいる。上のチームへ繋げていきたい。

 

野見山SD

・「攻守に主導権を握り、全員攻撃、全員守備の攻撃サッカー」の構築。育成も含めて。このサッカーを実現する為に中田監督を選定した。

・2019年の目標は昇格争い。J1で安定した戦いをする為の土台を作る。昨年の低迷を受けて、監督やコーチングスタッフを見直した。

 

中田監督

・経営理念、チームバリューについては現状出来てない。これから目指す、やる。

・地域の人たちがサンガに誇りを持てるよう、それらを説得力を持ってエネルギッシュに進めていく為には勝利が必要。

 

Qチームを編成する上での方針は?

野見山SD「競争環境の確立。レギュラー争いをして個々が成長して欲しい。その為にコーチングスタッフを充実させた。」

 

Q昇格争いという目標は曖昧な印象だが?

伊藤社長「最終目標はJ1昇格だが、ビジョンを実現することが重要。昨年から首脳陣が変わったので原点からやるつもりでいる。相対的な力が分かりかねるので、感動してわくわくする試合をして昇格争いに絡んでいきたい。」

 

中田監督「細かい数字は選手のプレッシャーにもなる。観客数で言うと開幕戦2万人以上、平均1万人以上来てほしい。」

 

ここ最近のサンガは勝ち点や順位等の定量的な数字面での目標設定を止め(おそらくクラブとして設定はしているが、公表はしない)、抽象的な目標設定となっています。

その中で、この発表会でキーワードとなったのは以下の3つになります。

 

リーグ戦・・・「昇格争い」

チーム編成・・・「競争環境の確立」

観客動員・・・「平均1万人以上の観客」

 

2019シーズンで議題に上がったテーマを2020シーズンでも使い回すのはナンセンスなのですが、上述した3つについては監督や社長からも今季に向けた目標をインタビュー等で発言されていますので、無理やりにはなりますがサポカンが行われない以上このような形を取って今季を占っていきたいと思います。

 

 

 

それでは、それぞれを噛み砕いて見ていきましょう。

 

 ○リーグ戦

<2019シーズン:昇格争い>

 まず、順位の上で自動昇格を目指すとかPOを目指すとか具体的な順位を言わず、「昇格争いをする」としかクラブとして明言していません。

昇格争いとは何ぞや?と言うところですが、実質的にはPO争いといったところでしょうか。J1を目指せる位置に付けたいということでしょう。

J2リーグの中でサンガが金銭面でアドバンテージを取っていたのは過去の話で、他のサポーターの記事でも書かれているようにあくまで中位規模です。その中でJ1から降格してきたチームなど我々より大きな規模のクラブが増え、サンガがまともな戦いをした時にどの順位までいけるのかはっきり見えてこないというのはフロントの本音なのでしょう。

中盤戦では一時首位に立つなどサンガは2018シーズンに比べると大きく躍進しました。後半戦の失速でPO進出はならなかったので、「昇格争い」の目標は未達になるでしょうか。個人的には夢を十分見させてくれたので、ネガティブなイメージではありません。

 

<2020シーズン:優勝争い>

シーズン最初の全体練習でのインタビューなどでも實好監督は「優勝争いをしたい」とはっきり明言しています。勝ち点や勝利数など具体的な数値を掲げていないのは2017シーズンから続いており、シーズン後に何を持って目標達成とするかは判断しがたいですが、自動昇格を狙っていることは間違いなさそうです。

近年はJ2全体のレベルアップが著しく、優勝争い、PO争いは混沌とすることが多くなっています。力の拮抗した中でいかに勝ち切るかが重要です。自動昇格に向けて勝ち点80はひとつの目安となっており、23勝11分9敗で勝ち点80となる計算です。(いやはや厳しい。。。)PO進出を狙うのなら勝ち点70程度が必要で、20勝はあげたいところ。

5試合を1サイクルとして、3勝1分1敗で勝ち点10×8サイクル(+2試合)=勝ち点80(+α)となります。

昨季昇格した柏レイソル、横浜FC共に序盤戦は苦しみ首位から離されていたのですが、中盤以降は勝ち点をほぼ落としていません。ここはサンガと対照的な部分でした。特に横浜FCは監督交代の影響もかなりありますが、夏以降負けていないのは驚異的。チームとしての上積みが出来ないと長いシーズンを乗り切ることが難しいです。今季はオリンピックによる中断期間もありますし、夏以降の戦い方の変化にも注目したいです。

 

○チーム編成

<2019シーズン:競争環境の確立>

 質の高い選手たちが揃っていることはフロントも十分理解していて、大半の選手たちを残留させることは出来ました(複数年契約の途中が多かった?)

ただ、新加入選手は新人や日本での実績の無い外国籍選手がほとんどで、あとは安藤や宮吉といったサンガ在籍暦のある選手を補強するに留まりました。本当に競争していけるのかは、始まってみないと分からないところが多い印象を受けました。

シーズンが始まると中田監督が志向するサッカーが高い技術と判断力が求められるモダンなサッカーであったため、フィットする選手とそうでない選手が徐々に別れていきました。それでも、怪我のあった増川と望月以外はリーグ戦で出番を与えていますし、必ずしもスタメンとサブではっきり線引きをした訳ではありません。これは編成上の問題でもあり、各ポジション2人以上の選手はいたものの、高いレベルで競争できたかと言われると、必ずしもそうではなかったと言えます。具体的に言うとインサイドハーフやゴールキーパーは質の高い選手が競い合っていましたが、ウイングやセンターバックは柱となる選手がいないとチームの質がガタッと落ちてしまう状況でした。

 

<2020シーズン:センターラインの充実>

昨季同様に競争環境を確立する為に各ポジション2人以上の選手を配置するのは継続で、特に目立つのがセンターラインの補強です。フォワードにウタカと李、センターバックにバイスと森脇を獲得した点からもチームの軸を実績十分なベテラン選手に託したいことが伝わります。昨季のサンガの代名詞が前線の若手(?)トリオだったので、その躍動感溢れるサッカーが継続出来ないのは寂しいですが、昨今の引き抜き事情を鑑みれば、彼らもJ1で活躍した方が幸せでしょうし引き止めることは不可能でした。一方、ウイングの補強はジュビロ磐田より荒木のみ。中川や谷内田は中央でのプレーが得意なので、サイドの選手が駒不足となっています。この辺りはこの後のフォーメーション予想でも取り上げます。

 

○観客動員

<2019シーズン:平均10,000人以上>

2019シーズンのホーム平均入場者数は7850人。昨年に比べ+2187人、1万人以上入った試合は4試合でした。いわゆる国体競技場であるたけびし(西京極)で、雨の日の観戦環境も劣悪で観客動員が安定しないのは致し方ない面もあります。私も中田監督が言うように、J2ならば平均1万人以上呼べるチームになるべき、と考えており、この目標は新スタジアムへと受け継がれることとなります。(私自身あまりホームの試合に行けてないので偉そうに言える立場ではないのですが。。。)

 

<2020シーズン:平均9000人以上>

伊藤社長は京都新聞のインタビューで観客動員は9000人以上を目指したいとおっしゃっていました。新スタジアム特需でホームサポーターだけでなくアウェイサポーターも数百人単位で伸びることを想定するといささか目標が低く、平均10,000人を目指すと言っても良い気はするのですが、何せサンガが平均10,000人以上の観客動員を集めたのは全てJ1時代ですので、現実的にならざるを得ないといったところでしょう。昨季はチームが好調の夏場でも大きく観客動員が増えたわけではなく(無論2017、2018よりはマシですが)、イベントや○○デーに依存していました。スポンサー枠や招待枠だけに頼らないスタジアム観戦環境向上が求められます。(なるべく私も関東から参戦します・・・!)

 

<2019シーズンまとめ>

昨年の19位から8位に順位を上げてシーズンを終えられたというのは素晴らしいことなのですが、一時は首位に立っていましたし選手たちもJ2優勝と口々にする時期もありました。

優勝した柏レイソルは別としても、横浜FCやこれまで昇格していった大分、長崎、札幌などはそこまでクラブ規模で大きな差があるわけではありません。(札幌を始め、J1昇格、定着すると収入を大きく伸ばしていけるわけですが。)

毎季のごとくチームをリセットするのではなく昨季を無駄にしない、

「ホップステップジャンプ」の中の「ホップ」

になるシーズンだったと後から振り返られるかどうかはこれからに懸かっています。

 

 

<2020シーズン展望>

 さて、ここから2020年のシーズンプレビューを書きたいのですが、クラブが何を目指しているのかはっきり見えてこないのが現状です。2015、2016年に行っていたサポーターカンファレンスはいつの間にかやらないことが当たり前になってしまっているのが残念でなりません。社長、強化部長、スポーツディレクターといったフロント陣に直接意見が聞ける貴重な機会なのですが。

私は関東在住の為、頻繁に練習見学にも行けませんので、エビデンスとしては新体制発表会とセレッソとのPSM。いずれもYouTubeにアーカイブが残っています。

これらからチームとしての目標と戦い方の予想をしていきたいと思います。

 


引用:【京都サンガF.C.】2020 新加入選手・新体制発表記者会見【あすリート】

 

 

<スカッドと予想フォーメーション>

~4-3-3~

f:id:fulaneku:20200216144249p:plain

京都の代名詞であった小屋松、一美、仙頭の抜けた前線三枚の穴埋め不足が目立ちます。特にウイングの所は顕著で、荒木はPSMで相手を剥がしていけるプレーが随所に見られ目立ちましたが、右ウイングは中野の成長に期待したいです。

また、中盤には攻撃で違いを生み出せる選手は多くいるものの、守備でボールを刈り取れる選手がいないところは昨年と変わりません。福岡(今のところスタメン組でないのが心配)や中川が守備でも貢献することが出来れば出番を多く得られるのではないでしょうか。

 

~3-4-2-1~

f:id:fulaneku:20200216144349p:plain

※ジュニ抜けてた。。。右ウイングバックかな。

 

PSMではスタートは3-4-2-1でした。セレッソにボールを多く持たれていたことからあまりボール保持時の攻撃を見ることは出来ませんでしたが、中川のアイデアやウタカの自由なプレーは目立っていました。守備時は5-4-1となるので、なるべくバイスが左右に振られないようウイングバックとHVの所で対応したいところです。

 

4-3-3でも同様ですが、左CB(左HV)のところは左利きの選手を置いて展開していきたいので、本多の回復や麻田の成長が必須です。

 

 

<注目ポイント>

・ウタカ依存度

今季の得点源として最も期待出来るピーター・ウタカは甲府よりサンガへ。36歳になっても得点感覚は衰えておらず、PSMセレッソ戦でも早速個人での突破から得点を決めてくれました。20得点は期待したい選手です。彼がセンターフォワードとして君臨していく中で、依存しすぎないチーム作りを出来るかは一つキーポイントになります。

ボール保持時に中盤まで下りてボールを受けてサイドに展開する動きや相手を背負ってポストプレーは彼に期待したいプレーなのですが、それに合わせてシャドー(インサイドハーフ)の選手がサポートを欠かしてはいけません。彼のフィジカルに依存しすぎるとボールをどんどん受けに来てしまい、サイドに展開した後にボックス内に誰もいないことになる懸念があります。(実際にPSMでもありました)

甲府サポーターからも、「ウタカに依存しすぎると彼の調子がチームの調子になってしまう」と警鐘を鳴らされています。

 

 

・DFラインの高さ

13サッカーの代名詞であったボール保持率を高めるサッカーを継承していくと予想される今季。DFラインにはバイス、森脇といった足元の技術に優れた選手を獲得。特にバイスはサンガの弱点であったゴール前で跳ね返していける選手であり、ディフェンスリーダーとして活躍してもらわなければいけない選手です。

ただ、主力のCBはバイス、安藤、森脇とベテランばかりでパスは出せるが、スピードに不安のある選手ばかりです。ボールを保持して攻撃する時間を高めることは守備を行う時間を少なくすることと同義であり、また、ボールを失っても即時奪回はセットで行います。そうすることでまた、再度攻撃のフェーズに持っていけるからです。ただ、即時奪回を目指すとなると陣形をコンパクトに、すなわちDFラインをある程度上げなければいけません。DFラインとGKの間には当然広大なスペースが出来ますから、それをカバー出来るCBかGKが必要です。GK勢に飛び出しに優れた選手はおらず、ベテランCB勢にもスピードでは少し劣ります。なかなか若手CBを育てるのは大変なのですが、上夷や麻田がこのベテラン勢を脅かすようにならないと、昨季のように背後を狙われる攻撃に手を焼くでしょう。(本多の復帰も待たれるところ。夏頃かなあ)

 

 

あっという間のオフが過ぎ、開幕まで一週間を切りました。

今季もハラハラドキドキのシーズンがやってきます。

フットボールライフを存分に楽しみましょう。

(3/1のホーム開幕戦は行きます!)

 

 

ではまた。